過去の放送

Vol.44 一般公開

「韓国の司法が否定され、過去の判決が次々と覆されている」
親北勢力が憲法の禁ずる“遡及法律”を作って裁く実情

2013.08.23 64分

 終戦記念日を目指し韓国与野党の議員が竹島に不法上陸しました。また野党議員が来日し靖国神社近くで横断幕を掲げ抗議行動を展開するなど、韓国の異常とも思える反日が続きます。今回の対談の企画意図は、韓国の良識派であり元駐日韓国大使館公使だった洪熒氏に反日の動きを表面からではなくて深い水面下の動きを通して見詰めてもらうことでした。韓国の反日運動の真の原因を探り、日韓関係になぜ摩擦が生じているのか、悪循環に入った日韓関係をどう解きほぐしていけるのかなどについて議論することを目指しました。洪熒氏は対談のあるこの日のお昼頃にソウルから戻られました。

 櫻井キャスターは「ソウルでは、日本の新聞に書かれている反日感情の高まりがあるのか」と訊ねると、洪熒氏は冗談交じりに「反日のために毎日起きるわけじゃありません。メディアは騒ぎ過ぎだ」と語り、「日韓両国はメディアに振り回されている」と指摘しました。対談全体を通じ洪熒氏は「韓国では朴槿恵政権を揺さぶるために、様々な口実を掘り出して平壌に合わせて、朴槿恵大統領を攻撃している」「韓国の司法が否定され、過去の判決が覆されている、例えば北朝鮮のスパイが一度は死刑判決を受けながらソウル高裁で無罪に覆った」などと述べ、日本は反日の表面だけ見るのではなく、北朝鮮の情報工作と戦う韓国の実情を解って欲しいと語りました。これに対し櫻井キャスターは、韓国が北朝鮮と対峙し、その北朝鮮の背後には中国がいると指摘し、日本は韓国を支持しなければならないが、現在の韓国の状況では「受け入れる理性そのものが韓国にあるのか?あったらどのくらい強のか?これからそのような気持が大きくなるのか?」と厳しく迫りました。このように櫻井キャスターと洪熒氏の対談は、時に厳しく対立しながら緊張感に溢れた対談となりました。

≪対談インデックス≫
1.日本も韓国もメディアの反日報道に振り回されている
2.親北朝鮮勢力は、口実を掘り出しては朴槿恵政権を攻撃している
3.盧武鉉が金正日に下僕のように従った南北首脳会談の記録内容とは
4.会談記録を公開した国家情報院長を批判する韓国メディアの不思議?
5.新日鉄住金の戦時徴用訴訟判決が最高裁で負けてもビタ1文払うな!
6.親北朝鮮勢力は、憲法が否定する“遡及法律”で過去の判決を覆す
7.北朝鮮スパイの在日早大客員教授がなんと死刑判決から無罪へ
8.竹島問題で櫻井VS洪熒が激しく対立

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

洪熒
元駐日韓国大使館公使

1948年生まれ。ソウル出身。陸軍士官学校卒業。歩兵将校として野戦部隊の小隊長などを経て国防部勤務。外務部へ転職後、駐日韓国大使館で参事官と公使を務める。退官後、早稲田大学客員研究員を経て、現在、桜美林大学客員教授、統一日報顧問。訳書に『蜃気楼か?中国経済』など。

※ プロフィールは放送日2013.08.23時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。