過去の放送

Vol.296 一般公開

熱血討論!如何に拉致被害者を救うか

支払いが賠償金名目なら国家百年の計を誤る

2018.06.22 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 朝鮮半島情勢を巡る青山繁晴さんのお話は、いつものように熱のこもった内容となりました。米朝首脳会談の結果はアメリカファーストのトランプさんにとっては極めて合理的な内容だった。そしてそれは日本に自分の国は自分で守るという自覚を促すきっかけになる。これが青山さんの分析です。この点は既に論じられていますが、青山さんの特徴は、アメリカに対する期待・・・アメリカへの依存心が全く無いことです。極めて冷静に現実を見て日本のなすべき課題を語ったのが非常に印象的でした。
 中国が朝鮮半島を支配し、対馬まで下りてくる。その時代がまさに眼前に迫っていることを強調し、安倍政権はこれまでにないような圧力と戦わなければならないと説きます。どうぞ、皆様もこの危機感を共有していただければと思います。
 ちなみに、青山さんと私は幾つかの点で意見が異なりました。拉致被害者の救出の仕方など、激論を戦わすことになりました。互いに日本の国家としての在り方や国益を考えての激論でした。

≪対談で語られた論点≫
 1.会談はトランプに好都合、日本には最悪
 2.金正恩が未完成なのに完成と偽った意味
 3.トランプは大統領選の公約を実行しただけ
 4.金正恩は米国と中国の間を泳ぎまわる
 5.三沢のF-16は自由に北朝鮮上空を飛行
 6.朝鮮半島の非核化と北朝鮮の非核化の違い
 7.中国の遠大な長期戦略は必ず失敗する
 8.南北軍事境界線が対馬海峡まで下りてくる
 9.安倍首相と同じ国家観を持つ後継がいない
10.拉致より国交正常化優先の日朝議連が動く
11.自民党は小泉日朝交渉の誤りを整理せよ
12.拉致被害者の日朝合同調査は可能なのか
13.明治維新を再現するために憲法改正を急げ
14.賠償金名目で与えれば国家百年の計を誤る

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

青山繁晴

青山繁晴
参議院議員

1952年兵庫県神戸市生まれ。慶應大学中退後、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社へ入社し、官邸、自民党担当記者等を経て、ペルー日本大使館占拠事件で現地取材した後に退社。三菱総合研究所の研究員として、安全保障・外交から金融・経済など包括する国家戦略の立案に携わる。 2002年シンクタンク独立総合研究所を創立し、代表取締役兼主席研究員に就任した。TVタックルなどテレビ番組に出演多数。2016年7月参議院選挙比例区(自民)に立候補し当選した。著作に『ぼくらの祖国』、『ぼくらの真実』、『壊れた地球儀の直し方』など。

※ プロフィールは放送日2018.06.22時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』