過去の放送

Vol.310 一般公開

我那覇真子が見つめた沖縄知事選報告

沖縄の未来は‟翁長弔い”同情票で決めるな

2018.09.28 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 沖縄から台風を避けて上京した我那覇真子さんが今週のゲストです。明後日9月30日が沖縄知事選の投開票日で結果は明らかになります。もし玉城デニー氏が勝てば、今後4年間、沖縄の状況がどうなるか、容易に見通せます。玉城氏の政策のなさ、その理念の欠如を我那覇さんのお話から見て取って下さい。沖縄のためにも、日本のためにも佐喜真さんの勝利が望ましいと思いますが、沖縄県民はどんな道を選ぶのか、民主主義とは難しいものだと思います。それにつけても沖縄メディアの偏向報道が諸悪の根源だと強く思います。
 我那覇真子さんはお会いする度に、経験を積んで成長しています。若い世代が育つことで沖縄もきっとよい方向に変わると思います。その変化は、今すぐでなくても必ず近い将来に起こると楽観しています。

≪対談で語られた論点≫
 1.“オール沖縄”は単なる政治プロパガンダ
 2.知事選では“オール沖縄”はすでに消滅
 3.左翼連合が狙う「翁長弔い選挙」で同情票
 4.誰も“翁長後継候補”にならなかった理由
 5.佐喜真候補が闘っている相手は翁長知事
 6.討論会では左翼も認めた佐喜真候補の圧勝
 7.国際情勢を反映できない玉城候補の安保論
 8.一括交付金は玉城候補が汗をかいて実現?
 9.新聞は翁長弔いだけで政策論議をさせない
10.知事候補玉城氏の「副知事を支える」発言
11.なぜ知事選で中国の脅威を論じないのか?
12.選挙を動かす共産党の暗躍と公明党の結束

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

我那覇真子
政治活動家

1989年沖縄県名護市生まれ。2005年高校交換留学で米国オハイオ州・カリフォルニア州へ。12年早稲田大学人間科学部卒業。15年国連人権理事会で翁長沖縄知事に反論するスピーチを行った。現在、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員。日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター。著書に『日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき』など。

※ プロフィールは放送日2018.09.28時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。