過去の放送

Vol.386 会員限定

櫻井&青山「国難」とどう戦うのか

正念場!日本らしく武漢肺炎を乗り超える

2020.03.13 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 武漢ウイルスが猛威を振るっているなか、中国政府はウイルスが中国由来ではなく、アメリカ由来だという情報を流し始めました。中国政府の報道官がツイートしたのです。中国の国柄の一端がよく分かります。
 ウイルス問題は正に世界の政治経済を変えつつあります。今が正念場です。日本人も日本国も頑張って、日本らしくこのウイルス問題を乗り越え、世界にリーダーシップを発揮するときです。
 一緒に頑張りましょう。

≪対談で語られた論点≫
 1.中国報道官ツイッター
  「感染症は米軍が武漢に持ち込んだ」 
 2.武漢に合同調査団を入れて検証せよ!
 3.中国が起こした疫病を覆い隠すのがWHO
 4.感染できなければウイルスは存在できない
 5.国際機関にカネを出すなら“モノも言え”
 6.伊北部蔓延!高齢化で中国移民を入れた
 7.武漢は感染者病院でなく鉄格子の収容所
 8.日本は警察を担当する内務大臣がいない
 9.サプライチェーンを中国からASEANに
10.拉致被害者に医療チームを派遣せよ!

青山繁晴
参議院議員

1952年兵庫県神戸市生まれ。慶應大学中退後、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社へ入社し、官邸、自民党担当記者等を経て、ペルー日本大使館占拠事件で現地取材した後に退社。三菱総合研究所の研究員として、安全保障・外交から金融・経済など包括する国家戦略の立案に携わる。 2002年シンクタンク独立総合研究所を創立し、代表取締役兼主席研究員に就任した。TVタックルなどテレビ番組に出演多数。2016年7月参議院選挙比例区(自民)に立候補し当選した。著作に『ぼくらの祖国』、『ぼくらの真実』、『壊れた地球儀の直し方』など。

※ プロフィールは放送日2020.03.13時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。