過去の放送

Vol.388 会員限定

「武漢肺炎」GWまでに現金を配れ!

夏までに時限的に消費税を5%に減税せよ

2020.03.27 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今夜は元内閣官房参与で日銀総裁の有力候補だった本田悦朗さんをお招きしました。
 武漢ウイルスで大きく足を引っ張られて勢いをなくした日本経済をどう立て直すか。ウイルス不況で収入の激減した人や企業をどう救っていくか。1時間しっかり聞きました。
 本田さんは国民全員に一律10万円を、なるべく早く配るべきという意見です。四人家族なら40万円。1億2000万人の国民に対し、12兆円。これでまず気分的に落ち着き明るくなり、政府の国民を守るという決意の証として、前向きに受け止めてくれると、強くこの案を勧めました。
 国民各分野に現金を渡すこと。そのあとで景気対策に取り組むこと。さらにその先に日本の財政金融をたてなおすこと。本田さんは持ち前の楽観主義に基づいて前向きの展望を話しました。いつお会いしても、後ろ向きの発言はありません。
 日銀総裁の有力候補だった本田さんが現在日銀総裁だと仮定して、どのような経済再生をうつのかも伺いました。大胆なお答えでした。

≪対談で語られた論点≫
 1.追悼 加戸守行前愛媛県知事 
 2.武漢ウイルスは疫学的安全保障
 3.現金給付は一人10万円。誰でも皆一律
 4.少なくともGWまでに現金を配れ!
 5.安倍首相がリスクコミュニケーション
 6.夏までに時限的に消費税を5%に減税せよ
 7.税収増のためには増税ではなく減税
 8.日本の消費者物価指数は他国より1%低い
 9.企業経営者が悲観主義に陥っている
10.欧州は税率が高いが必需品は税率ゼロ
11.「合成の誤謬」の意味
12.減税率を戻す時は「経済状況」で決める
13.日銀総裁なら「財政と金融の一体運用」

本田悦朗
元内閣官房参与・前スイス特命全権大使

1955年和歌山県生まれ。1978年東京大学法学部卒業後、(旧)大蔵省入省。四国財務局長等を経て、2011年より政策評価審議官。その間、外務省欧州局で審議官、また、モスクワ・ニューヨーク等の在外公館のほか、世界銀行(ワシントン)、欧州復興開発銀行(ロンドン)にて、計13年間の海外勤務を経験。2012年より本年3月末まで、静岡県立大学教授。 2012年12月、第二次安倍内閣発足と同時に内閣官房参与としてアベノミクスを推進する。米国でもデフレの危険性があったニューヨーク勤務時代(2000年~2003年)、ニューヨーク連銀のエコノミストとデフレの議論を徹底的に行ったのが、アベノミクスについて総理に進言したきっかけとなったという。2016年に駐スイス特命全権大使、駐リヒテンシュタイン特命全権大使と欧州金融経済担当大使も兼任した。

※ プロフィールは放送日2020.03.27時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。