過去の放送

Vol.405 一般公開

8月危機!尖閣は中国に奪われるのか

今こそ日本は米国と共に中国に対峙せよ!

2020.07.24 67分

≪櫻井よしこの対談後期≫
 尖閣諸島が本当に危ないのです。
 中国がどれ程詳細に、日本の動きを見張っているか。そしてどれほど巧妙に対応しているか。私たちは中国のその用意周到さを見て、警戒しなければなりません。いまのままでは本当に尖閣を奪われかねません。
 この危ない状況の中で日本に追い風が吹いてきました。アメリカのポンペオ国務長官の一連の演説をぜひ聞いて下さい。アメリカは年来の方針を大転換しました。領土問題については常に中立を保ってきたアメリカがいま、中国を相手取って日本や東南アジア諸国の側に立ち、尖閣諸島も南シナ海の島々も中国が領有権を主張する国際法上の権利は全くないのだということをはっきりと打ち出しました。日本にとって最大の好機です。  
 この機を捉えて日本は変わるべきです。アメリカと共に中国に対峙すべき時です。その先に憲法改正を実現するときです。決然と日本の立場をアメリカの側に置くのが国益です。

≪対談で語られた論点≫
 1.8月危機!中国漁船団が集結している
 2.中国海警船が日本漁船を拿捕する可能性
 3.香港問題を海洋戦略から考える
 4.南シナ海を守るのは中国の役割になるのか
 5.中国は南シナ海を潜水艦の聖域にしたい
 6.ポンぺオ国務長官が「対中包囲網」を提唱
 7.米国は中国の主権侵害に「関与する」
 8.きょうの香港はあすの南シナ海と台湾
 9.中国に甘い欧州が変わり始めた
10.台湾有事と尖閣有事は一体だ
11.日本は米国と共に中国に対峙すべきだ

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

佐藤 正久
参議院議員

1960年福島県生まれ。1983年防衛大学校卒業、陸上自衛官として国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長、イラク先遣隊長、復興業務支援隊初代隊長などを歴任。2007年に退官し、同年参議院議員(全国比例区)に初当選、2012年防衛大臣政務官、外交防衛委員会理事、自民党参議院政策審議会副会長。無意不立(国民の政治への信頼なくしては国が成り立たない)が座右の銘、風貌から「ヒゲの隊長」として親しまれている。著作に『ヒゲの隊長のリーダー論』、『守るべき人がいる』、『ありがとう自衛隊 ヒゲの隊長が綴る日本再興奮』など。

山田吉彦
東海大学海洋学部教授

1962年生まれ。埼玉大学経済科学研究科博士課程修了。現在、東海大学海洋学部教授。専門は海洋政策、海洋安全保障、現代海賊問題、国境問題、離島問題 。著書に『驚いた!知らなかった日本国境の新事実』、『日本国境戦争』、『日本の海をめぐる攻防』、『海賊の掟』、『尖閣激突』(共著)、『解決! すぐわかる日本の国境問題』など多数。

※ プロフィールは放送日2020.07.24時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』