過去の放送

Vol.468 会員限定

誰が組閣で安倍カラーを弱めたのか?

「経済安全保障」で甘利幹事長の起用は当たり

2021.10.08 65分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今夜は阿比留瑠比さんと田北真樹子さんの組み合わせで岸田新政権を論じました。今日岸田さんは所信表明演説をしましたが、まれに見るほどの無色透明演説というのが私たち3人の結論でした。
 しかし、その中にはよく見れば評価できる政策もあります。菅政権を超える実質的な果実をもたらすと思われるのは、経済安全保障を明確に打ち出したことです。
 経済安全保障は甘利明さんの得意とするところで、的を射た人事です。
 またエネルギー施策においては原子力発電を推進する人々もきちんと入っています。反対に岸田政権に決定的に欠けているのは例えば皇室問題の政策です。台湾についての言及も全くありませんでした。また「新しい資本主義」という言葉が踊っていますが、その中身は具体的に見えません。
 岸田さんの人事、及び人事から見えてくる岸田さんの性格についても分析しました。阿比留さんが岸田さんは意外に意地悪なのではないかという興味深い分析をしました。

≪対談で語られた論点≫
 1.岸田所信表明は“無味無臭”“空気”みたい
 2.「新しい資本主義」は意味不明
 3.演説は台湾、TPP、皇室に全く触れていない
 4.萩生田官房長官を変えたのは誰だ?
 5.岸田組閣情報がボロボロ出まくった理由
 6.「分配」の言い過ぎが株式市場を冷やす
 7.組閣翌朝の朝毎社説に安倍氏の名前が18回
 8.3回生福田達夫総務会長は余りに荷が重い
 9.3Aでも安倍・麻生と甘利は肌色が違う   
10.政治は人間感情の機微、好き嫌いが大きな要素
11.岸田ブレーンは若い財務省出身者が多い
12.自民党政調は高市会長はじめ保守ライン
13.政策をめぐり党と官邸の攻防が始まった

阿比留瑠比
産経新聞論説委員兼政治部編集委員

1966年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。90年、産経新聞社入社。仙台総局、文化部、社会部を経て、98年から政治部。首相官邸、自由党、防衛庁、自民党、外務省などを担当し、首相官邸キャップ、外務省兼遊軍担当などを歴任。2013年、政治部編集委員。15年、論説委員兼政治部編集委員。 著書に『だから安倍晋三政権は強い』『偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち』『破壊外交 民主党政権の3年間で日本は何を失ったか』『決定版 民主党と日教組』(いずれも産経新聞出版)、『総理の誕生』(文藝春秋)、『政権交代の悪夢』(新潮新書)など。

田北真樹子
産経新聞月刊「正論」編集長

1970年大分県生まれ。米国シアトル大学コミュニケーション学部でジャーナリズムを専攻し、96年産経新聞入社。整理部記者、前橋支局、外信部を経て、2000年から政治部。森喜朗首相の総理番を振り出しに、首相官邸、自民党、外務省を担当、09年にニューデリー支局長に就任。13年以降は、「歴史戦」取材班などで慰安婦問題などを取材してきた。15年に政治部に戻り首相官邸キャップを経て、現在は産経新聞正論編集長。

※ プロフィールは放送日2021.10.08時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。