過去の放送

Vol.479 会員限定

【特別対談】櫻井よしこ&萩生田光一

日本経済を再びフロントランナーに!

2021.12.24 63分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 クリスマスイブの今夜、経済産業大臣の萩生田光一さんをお迎えして言論テレビを展開しました。
 岸田内閣がようやく発表した北京五輪への日本政府の対応。「外交的ボイコット」とは言わないけれど、事実上の外交ボイコットでした。行動したけれど、行動しなかった。中国への配慮があっての日本外交の形でした。旗幟鮮明にしてほしい米国は恐らく不満でしょう。そしてタイミングです。なんと言っても遅かった。岸田内閣の一員である萩生田さんは岸田内閣の立場を擁護しましたが、率直に言ってこのタイミングの遅さには耐えられないものがあります。
 萩生田さんの管轄である経済安全保障問題については具体的かつ興味深いお話をたくさん聞きました。軍事に関わる安全保障とは異なり、経済安全保障はその行動の主体は民間企業です。民間企業に要請は出来ても、自由経済のもとでは指示は出せません。民間企業の自覚が重要になるわけですが、利潤追求を使命とする企業にとっては難しいものがあるようです。


≪対談で語られた論点≫
 1.北京五輪に閣僚を派遣しない発表は遅すぎないか
 2.拉致で人権を訴えながら中国人権侵害には何も言わないのか
 3.経済安保で企業、大学などのマインド改革は難しいか
 4.半導体など日本で完結できる環境を作ることができるか
 5.「高専」は日本の生んだ立派な人材育成システム
 6.経済安保のルールを中国は守れるか
 7.企業も貿易やモノづくりのルールを変える必要がある
 8.申告制のWTOでは中国は発展途上国枠
 9.価値観が違う国でもまず国際社会のテーブルにつかせる
10.誰もが理解できる自由で公正な国際ルールを作る
11.国営企業の中国がTPPの国際貿易ルールを守れるのか
12.これからの日本企業は「人権」がテーマになる
13.衆院小選挙区は「10増10減」でよいのか
14.緊急条項と1票の平等は国民に聞くべきだ
15.憲法改正を「まず」やってみよう

萩生田光一
経済産業大臣

1963年東京都生まれ。明治大学卒業。大学在学中より政治の世界に入り、27歳で八王子市議会議員に当選、37歳で東京都議会議員に当選した。40歳で衆議院議員初当選、自民党青年局長や文部科学大臣政務官、官邸と自民党をつなぐパイプ役である自民党筆頭副幹事長兼党総裁特別補佐、内閣官房副長官、自民党幹事長代行、文部科学大臣を歴任。現在は経済産業大臣。

※ プロフィールは放送日2021.12.24時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。