過去の放送

Vol.224 一般公開

偉大な米国か、絶対的衰退の始まりか

実利があればロシアでも中国でも結ぶ可能性

2017.02.03 58分

 世界最強の国が孤立主義に走れば世界は大混乱します。そのような事態がトランプ大統領の下で起きています。トランプ大統領は次々と大統領令に署名し、イスラム教徒が多数を占める7カ国から渡航などを制限、メキシコ国境に「壁」の建設、TPPの永久離脱など一方的に発表し、世界中が不安感につつまれています。
 外交評論家の田久保忠衛氏との対談は、「戦う修道士」マティス国防長官が初来日する夜に行われました。櫻井キャスターは、日米の安全保障について「トランプ大統領は日本が自立すべきだと言っており、これまで日米は『負担』を分かち合っていたが、これからは『責任』を分かち合う時代に入る」と述べると、田久保氏は「日本も独立国家にならなければならない。日本を守る自衛隊の自の字も憲法には出てこない。トランプは米国が危なくなっても、日本人はソニーのテレビを見ているのか、もっと対等に努力をしろと言っている」と応じました。
 対談の最後に櫻井キャスターが、「トランプ大統領の外交、安全保障、経済政策も含めて一貫した論理がない。実利さえ手にできればロシアでも、中国でもこれまでと局面を変える可能性がある。尊敬が出来なくなった米国はどうなるのか」と尋ねました。田久保氏は「人々が物質的に満足すればよいという奇妙な国になってしまう。保護主義で栄えた国はありません。(中略)自国第一主義や保護主義をやっていると自然に孤立する。指導力はオバマ、トランプでドーンと落ち、保護主義でGDPが減少し、米国は相対的でなくて『絶対的衰退』をするのではないか」と厳しい表情で指摘しました。この他、対談で語られた論点は以下の通りです。

≪対談で語られた論点≫
 1.トランプ大統領就任二週間で見えてきたものは?
 2.「団結」を強調しながら「敵」を作った就任演説
 3.メディアが使った最多のトランプ形容詞は「衝動的」
 4.トランプ大統領と国務、国防長官との奇妙な関係
 5.日米が分け合うのは「負担」ではなく「責任」になった
 6.安倍首相は自由主義の価値観を守る「TPPの灯火」を掲げて走れ!
 7.トランプ政権の対中国強硬派はTPP復活を主張すべきだ
 8.トランプ大統領の「米国第一主義」は白人労働者のためだ
 9.トランプ大統領の中国密使はあのキッシンジャー
10.トランプは実利があればロシア、中国とも手を結ぶ可能性
11.トランプの米国は「絶対的衰退」に向かう

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

田久保忠衛
外交評論家,国家基本問題研究所副理事長

1933年千葉県生まれ。早稲田大学法学部卒、時事通信社外信部長、編集局次長を経て、杏林大学社会科学部教授。アメリカ外交、国際関係論が専門、1996年第12回正論大賞受賞。現在、公益財団法人「国家基本問題研究所」副理事長、杏林大学名誉教授。著書に『ニクソンと対中国外交』、『激動する国際情勢と日本』、『新しい日米同盟―親米ナショナリズムへの戦略』、『早わかり・日本の領土問題-諸外国と何をモメているのか』など多数。

※ プロフィールは放送日2017.02.03時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。