過去の放送

Vol.514 会員限定

【特別対談Ⅴ】 櫻井よしこ&高市早苗

それでもわたしにはやるべき「使命」がある

2022.08.26 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 高市早苗さんと率直なお話ができました。
 政調会長から経済安全保障担当大臣へ。彼女はこの人事を一度断ったそうです。
 けれども、安倍晋三元総理と最後にお会いしたとき、助言されたそうです。
「岸田総理の人事は必ず受けなさい」と。
 その言葉ゆえに、最終的に現在のポジションを受けたと語っていました。しかし、彼女が今回の人事を更迭だと感じているのは明らかでした。それでも今は全力で役責を果たそうとしています。

≪対談で語られた論点≫
 1.四十九日に安部元総理が最後に握ったマイクを昭恵夫人に
 2.犯人の背景を取材せず旧統一教会騒ぎをするメディア
 3.旧統一教会の刑事告発は2010~11年ぐらいが最後
 4.伊木米子市長が「政治家と宗教の関わり」で正論
 5.経済安保大臣を受けるかどうか高市さんの心の内
 6.安倍元総理「岸田さんから頼まれて断ったら駄目だよ」
 7.「今は経済安保大臣としてできることを洗い出している」
 8.SMR(小型モジュール炉)と核融合を国家プロジェクトに
 9.政治のリーダシップで原子力規制委の姿勢が変わった
10.経済安保推進法にセキュリティークリアランスを加える
11.先端技術の流出阻止に輸出管理と投資審査を強化
12.安倍元総理の遺志の継承
   ①憲法改正 ②国防強化 ③アベノミクスの完成

高市早苗

高市早苗
経済安全保障担当大臣

1961年生まれ。神戸大学経営学部卒、松下政経塾卒、米国連邦議会Congressional Fellow、近畿大学経済学部教授(産業政策論・中小企業論)。衆議院では、文部科学委員長、議院運営委員長等を歴任。自由民主党では、政務調査会長(2任期)、日本経済再生本部長、サイバーセキュリティ対策本部長(2任期)等を歴任。内閣では、通商産業政務次官、経済産業副大臣(3回任命)、総務大臣(5回任命で史上最長在職期間を記録)を歴任。現在は経済安全保障担当大臣。

※ プロフィールは放送日2022.08.26時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』