元気になるメルマガ

  • 2012.11.23
  • 一般公開

ダライ・ラマ法王と共に未来を創る

 ダライ・ラマ法王14世は昨年8月に、政治から完全に引退しました。中国の過酷な弾圧の下でチベット人とチベット人の運命を双肩に担うのは、現在44歳のロブサン・センゲ首相です。

 法王が政治から引退する――昨年のこの重要決定は、中国にとって歯ぎしりする程口惜しいことだったでしょう。なぜなら、中国はチベットの政治的宗教的指導者としての法王が亡くなるのを待っていたからです。人間は皆、生まれて生きて死んでいきます。法王はいま七六歳、その法王さえいなくなれば、中国共産党の支配に激しく抵抗しているチベット人たちはまとまりがつかなくなり、中国は思うがままにチベット人に支配を及ぼすことが出来ると、中国共産党は考えている節があります。

 中国の手法はどの民族、どの国に対しても、まず指導層に狙いを定め、指導層を取り込むか、或いは殺害するというものです。優れたリーダーさえ取り除けばリーダーを失った民を騙し、手なづけ、滅すことは容易だと考え、そのように実行してきたのです。

 ダライ・ラマ法王は、自分の子供世代に当たる若い指導者にチベットの政治を任せることで、次の世代までチベット人が民族としてのまとまりを維持し、命運を保っていけるようにと考えたわけです。

 政治から手を引いてチベット仏教の教えに専念する法王の発言は、驚くほど平和志向です。チベットを弾圧し、民族浄化というべき酷い消滅作戦を展開してきた中国共産党に対してさえも、敵対的に構えるのではなく、中国の善い面を見て寛容の精神で対処するようにと諭します。

 理想を求め、その理想に忠実たろうとする法王の発言は、法王以下すべてのチベット人が想像を超える凄まじい迫害を体験した上でのものであることを思えば、その言葉の重さに粛然とした思いを抱かざるを得ません。

 チベット人がチベット人の願いに基づいて、チベット仏教徒らしく生きることの出来る世界の構築を目指していきたいものです。

 チベット人がチベット人らしく生きられる世界を創ることが、アジアに民主主義を定着させることです。アジアの大国、日本はその目標に向かって大きな力を発揮出来るのですし、またそうする責任があると思います。


※記事、画像等の許可なき転載複写並びに二次的利用はお断りいたします。

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。