櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

闘うコラム大全集

2017.04.20号
どこまで続く、トランプの世界貢献

『週刊新潮』 2017年4月20日号日本ルネッサンス 第750回4月7日(日本時間)のアメリカ軍によるシリア攻撃は驚きだった。 シリアで化学兵器が使用されたとの第一報が入った4日(現地時間、以下同)、トランプ氏は声明で、「許せない」とし、シリアや後ろ盾のロシアではなく、オバマ前大統領の「弱腰」を非難した。声明には犠牲になったシリア国民への特別な同情の言葉は全くなかった。ところがそれから53時間後にトランプ氏は豹変し、シリア攻撃命令を下したのだ。「女性や子供、かわいい赤ちゃんたちまで殺害された」「その悲劇が私のアサド政権への考えを根本的に変えた」と、氏は怒った。...


続きを読む

2017.04.15号
自国の繁栄ばかり優先する米中により世界情勢の先行きに大きな不安要素続出

『週刊ダイヤモンド』 2017年4月15日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1178北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、シリアでは猛毒サリンと見られる化学兵器が使用された。世界情勢の先行きに大きな不安要素が続出している。 諸国の蛮行を抑制するには、力のある国が力を背景に説得しなければならない。力のある国といえば、米国である。無論、中国もロシアも、その中に入る。だが中国は本気で北朝鮮の核・ミサイル開発を止めようとはしていない。ロシアはむしろシリアの蛮行を支持する姿勢である。...


続きを読む

2017.04.13号
「テロ等準備罪」は国際常識、成立を急げ

『週刊新潮』 2017年4月13日号日本ルネッサンス 第748回「テロ等準備罪」について「朝日新聞」や「東京新聞」などが相変わらず全面否定の論陣を張っている。 テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法の改正案は、日本が「国際組織犯罪防止条約」を批准するために必要な国内法である。...


続きを読む

2017.04.08号
森友学園問題で脇の甘さはあるものの社会の一隅に光を当て続けた昭恵夫人

『週刊ダイヤモンド』 2017年4月8日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1177 森友学園問題で首相夫人の安倍昭恵氏を国会に証人喚問すべきだと野党が主張すれば、片や自民党側は証人喚問は刑事罰に相当するかもしれない行為をした人物に対するもので、今回の事例は全く該当しない、加えて夫人は公人ではないと、反対する。 私は夫人の証人喚問は必要ではないが、夫人はやはり公人だと思う。...


続きを読む

2017.04.06号
政治家は世界情勢を忘れるな

『週刊新潮』 2017年4月6日号日本ルネッサンス 第748回ニュースはどこも森友学園一色だ。 私は6年前、同学園の幼稚園の父母を対象に家庭教育、食事、親子の対話、日本の歴史や戦後社会の変容などについて講演した。その学園の籠池泰典氏が証人喚問され、問題の核心が逆にぼやける中、3月27日の予算成立後も国会では他の重要課題を横において、森友学園問題に集中するそうだ。...


続きを読む

2017.04.01号
ツイートとは異なるまともなトランプ外交で西側総崩れは回避でも厳しい北朝鮮対応

『週刊ダイヤモンド』 2017年4月1日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1176 「米国外交における最重要の二人の大人」。3月21日付の「ウォールストリート・ジャーナル」(WSJ)紙に、こう書かれたのは、国防長官のジェイムズ・マティス氏と国務長官のレックス・ティラーソン氏だ。 ドナルド・トランプ大統領のツイートは依然として矛盾だらけで、米国外交の展望が見えない。私がそう言うと、米国のヴァンダービルト大学教授のジェイムス・E.アワー氏が笑った。氏は米海軍で駆逐艦の指揮官を務め、名著『よみがえる日本海軍』を上梓した知日家である。...


続きを読む

2017.03.30号
能天気な国会、これで日本を守れるか

『週刊新潮』 2017年3月30日号日本ルネッサンス 第746回国会の議論を聞いていると、日本の選良たちには周辺の危機が見えないのかと疑う。朝鮮半島は南北共に尋常ならざる状況にあり、アメリカは北朝鮮政策の根本的見直しを宣言した。切迫したこの危機への対応能力は日本にあるのか。 アメリカのドナルド・トランプ大統領のアジア政策はまだはっきり見えてこないが、国務長官のレックス・ティラーソン氏が語った北朝鮮政策は衝撃的だった。...


続きを読む

2017.03.25号
左右陣営双方が絶対に譲らない構え 内乱とも言うべき切迫した韓国情勢

『週刊ダイヤモンド』 2017年3月25日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1175韓国は革命前夜だと言ったら、韓国人の洪熒(ホン・ヒョン)氏が「前夜ではありません。すでに内戦です」と反論した。 憲法裁判所が朴槿恵大統領弾劾訴追を承認して、罷免の決定を下したのが3月10日だった。保守派はこの判断を合憲だとは認めず、「国民抵抗権」の旗印の下に「国民抵抗本部」を設置し、街頭に出て弾劾を弾劾すると気勢を上げる。...


続きを読む

2017.03.23号
左翼政権誕生で予想される韓国の近未来

『週刊新潮』 2017年3月23日号日本ルネッサンス 第746回3月10日、韓国の憲法裁判所は裁判官8人の全員一致で朴槿恵大統領弾劾を決定した。大統領と怪し気な友人女性とのスキャンダルから発した問題のように見える政変の根は、深い。自由主義と共産主義の死闘が韓国で展開されているのであり、大統領弾劾は大韓民国終焉への第一歩が踏み出された瞬間にも見える。 形容しようもない朴大統領の悲劇、それが大統領を弾劾した韓国の未来と重なって見える。...


続きを読む

2017.03.18号
北朝鮮戦略で自衛に対する準備必要 それでも安倍首相に考えてほしい拉致問題

『週刊ダイヤモンド』 2017年3月18日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1174マレーシアの国際空港では金正男氏をVXガスで殺害、ミサイル発射では事実上、標的は在日米軍基地だと発表してみせる。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の一連の決定は、危機が新たな段階に入ったことを示している。 金正恩氏にまともな判断が下せない理由は、余りに多くの側近を粛清し、残っているのは主に組織指導部の幹部だけだからだと言われている。組織指導部は国内の動き、反金正恩の動きを監視する組織である。国際情勢が多少でもわかる人材は、2013年12月の張成沢氏処刑をはじめ、一掃された。玄永哲人民武力部長(国防長官)は15年4月に、崔英建副首相は同年5月に、金勇進副首相は16年7月に処刑された。内、金副首相は金正恩氏臨席の場での座る姿勢が悪い、それは最高指導者への尊敬や忠誠が足りないからで、死に値するとされた。...


続きを読む

2017.03.16号
いつでも米中は手を握れる

『週刊新潮』 2017年3月16日号日本ルネッサンス 第745回世界の大国である米中が共に不安定だ。指導者の言動は、双方共に信頼しにくい。ドナルド・トランプ大統領と習近平国家主席がどのような世界戦略を考えているのか。どう動くのか。日本にとって最重要の外交問題である米中関係の展望は依然として明確ではない。 理由のひとつがトランプ大統領の発言の好い加減さであろう。台湾問題で「なぜ『一つの中国』政策に縛られるのか」と言ったかと思えば、習主席との電話会談で、「『一つの中国』政策を尊重する」と豹変する。「北大西洋条約機構(NATO)は時代遅れだ」と罵ったかと思えば、「ファシズムを退けた2つの世界戦争に勝ち抜き、共産主義を破った冷戦での絆がNATOの同盟だ」とほめちぎる。...


続きを読む

2017.03.11号
施政方針演説は“安全運転”で好感されても本質は“はったり”のトランプ大統領

『週刊ダイヤモンド』 2017年3月11号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1173 2月28日夜、ドナルド・トランプ米大統領が、上下両院合同会議で施政方針演説を行った。「アメリカ人は世代を継ぎ一貫して、今日に至るまで真実、自由、正義の松明を掲げてきた。松明はいま我々の手にある。我々は松明で世界を照らす。ここに私は団結と力強さを発信する。それは私の心奥からのメッセージだ」。 このように演説を始めた大統領は、「君自身を信じろ」「君の未来を信じろ」「そして、もう一度、アメリカを信じろ」と、締め括った。...


続きを読む

2017.03.09号
なぜ日本史から聖徳太子を消すのだ

『週刊新潮』 2017年3月9日号日本ルネッサンス 第744回聖徳太子は、その名を知らない日本人など、およそいないと言ってよいほどの日本国の偉人である。だが、文部科学省が2月14日に突然発表した新学習指導要領案によれば、その名が子供たちの教科書から消されることになりそうだ。 聖徳太子は新たに「厩戸王(うまやどのおう)」として教えられるというが、神道学者の高森明勅氏が「厩戸王」の事例をアマゾンで調べたところ皆無だったと書いている。皆が親しんできた名前を消して、殆ど誰も知らず、アマゾンでも一例も出てこない名前に変えるとは、一体どういうことか。名は体を表す。聖徳太子という英雄を日本民族の記憶から消し去ろうとする愚かなことを考えたのは誰か。...


続きを読む

2017.03.04号
左派勢力主導で進む韓国大統領の弾劾裁判 異議を唱える保守勢力がデモで巻き返し

『週刊ダイヤモンド』 2017年3月4日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1172朝鮮半島情勢は北も南も緊迫事態だ。北朝鮮は金正恩氏の指示による金正男氏殺害事件という国家犯罪を引き起こした。身内の異母兄を刺客を放って外国で殺害させた最大の要因は、正恩氏の恐怖心だと分析されている。 正恩氏を持て余す中国は、北朝鮮は開国すべきだという考えを持つ正男氏を支持していた。正男氏は、すでに処刑された叔父の張成沢氏とも通じていた。正男・張両氏を中国政府が支援し、北朝鮮亡命政府を樹立させ、正恩氏にとって代わらせるというシナリオに、正恩氏は脅えていたという。...


続きを読む

2017.03.02号
日本もチベット支援の先頭に立て

『週刊新潮』 2017年3月2日号日本ルネッサンス 第743回先週、チベット亡命政府の首相、ロブサン・センゲ氏に会い、話を聞く機会に恵まれた。 センゲ首相は現在、政権2期目。2月14日には夫人のケーサン・ヤンドゥン氏と10歳のメンダ・レワさんと共に衆議院議員会館の講堂で「チベットと宗教の自由」の演題で45分間語った。中国という、世界で最も厄介な国に祖国を奪われ、圧迫され続けているチベット人にとって、宗教の自由とは中国の圧迫とどう向き合うかという命題そのものである。...


続きを読む

2017.02.25号
大統領補佐官の辞任は政権内の闘争か 万全な目配りが必要な日米関係の構築

『週刊ダイヤモンド』 2017年2月25日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1171 ドナルド・トランプ米大統領の政策や決定を評する中で最も頻繁に使われる語彙が衝動的、或いは直感的という言葉である。 CNNの政治討論番組で、論者の1人がトランプ氏を見ているとベーブ・ルースを思い出すと言った。アメリカ野球界の英雄、ベーブ・ルースはある日「なぜそんなにホームランを打てるのか」と問われ、「ただ直感的に打っているのさ」と答えたそうだ。トランプ氏も、なぜこのような決定をしたのかと問われると、「直感的に決めたんだ」と答えることが多いというわけだ。...


続きを読む

2017.02.23号
日米首脳会談、大成功のなかの懸念

『週刊新潮』 2017年2月23日号日本ルネッサンス 第742回ホワイトハウス正面で車から降り立った安倍晋三首相を、思わず引き寄せ抱擁したドナルド・トランプ米国大統領、19秒間の長い握手、首相の手を両手で包み込み甲を撫でる大統領、その後フロリダの華麗な大統領別荘への招待、盛り沢山のもてなし、都合27ホールを回ったゴルフ、多くの話題に及んだ限りなく長い時間。 これら全てが安倍首相の対米外交の成果として記憶されるであろう。このようなおつき合いは、恐らく、安倍首相にしかできない外交でもあろう。日本にとって余人をもって代え難く、世界にとっても重要な存在に、首相はなっている。...


続きを読む

2017.02.18号
キッシンジャー元国務長官の影響で暴言沈静化 くすぶるトランプ大統領が中国と手を結ぶ可能性

『週刊ダイヤモンド』 2017年2月18日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1170リチャード・ニクソン元米大統領に仕えた元米国務長官、ヘンリー・キッシンジャー氏は親中派の中の親中派である。1923年生まれの高齢の氏がいまワシントンと北京、ドナルド・トランプ米大統領と習近平中国国家主席を「つなぐ人物」といわれる。 氏は昨年秋にはヒラリー・クリントン氏への支持を表明していたが、トランプ氏が勝利すると、10日後にはニューヨークで次期大統領と会談、ロシア、中国、イランおよびEU(欧州連合)情勢を語ったと発表された。...


続きを読む

2017.02.16号
4代前の孝明天皇、闘いの武器は譲位

『週刊新潮』 2017年2月16日号日本ルネッサンス 第741回孝明天皇は明治天皇の父帝で、今上陛下にとって、4代前の直接のご先祖である。孝明天皇は幕末の動乱時代を文字通り闘い抜いて、突然死した。余りにも急な死に毒殺説が流布された程だ。孝明天皇の闘いを理解するには、同天皇の祖父帝、光格天皇を理解しなければならない。 光格天皇は、江戸幕府と激しく衝突しながら、63代の冷泉院から119代の後桃園院まで900年弱の間途切れていた「天皇」の称号を復活させるなど、廃れていた皇室の権威を取り戻し多くの神事や祭祀を復興した一生だった。同天皇については先週の当欄で取り上げたが、その政治的、社会的遺産を引き継いだのが孫帝の孝明天皇である。...


続きを読む

2017.02.11号
友を退け敵をつくるトランプ政権の未来は孤立化と衰退の道

『週刊ダイヤモンド』 2017年2月11日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1169邦字紙は無論、英字紙の外信、経済、政治のどの面も、連日、ドナルド・トランプ米大統領関連の記事で埋まっている。米大統領選挙期間中、米国のメディアはトランプ旋風で視聴率が上がり、収益が改善したと、悪い冗談のようにいわれている。大統領になればなったで、次々と繰り出す刺激的な大統領令で、氏はメディアの主役を張り続ける。 トランプ政権に比較的好意的なメディアにも、しかし、次のような懸念の声は少なくない。...


続きを読む