櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

闘うコラム大全集

2016.02.04号
翁長知事完全敗北で沖縄の新未来

『週刊新潮』 2016年2月4日号日本ルネッサンス 第690回全国的に注目された沖縄県宜野湾市の市長選挙で1月24日、同市の抱える普天間飛行場の返還実現を訴えた現職の佐喜眞淳氏(51)が、新人で翁長雄志知事の支援する志村恵一郎氏(63)を破って、大勝した。 約2万7700対2万1800、5900票差の勝利を現地紙『沖縄タイムス』は「圧勝」と書いた。普天間返還と辺野古への移設がセットで語られる状況で、現地紙は佐喜眞氏に厳しい論評を掲載し続けた。それでも、「圧勝」と書かざるを得ない勝利だったということだ。...


続きを読む

2016.01.30号
国際社会に無関心な米国の堕落 頼れない日本の生きる道は憲法改正

『週刊ダイヤモンド』 2016年1月30日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1118 連日、米大統領選挙に関する情報がにぎやかだ。共和党候補の1人、ドナルド・トランプ氏の極論や民主党有力候補のヒラリー・クリントン氏との舌戦は、米国の混迷の深さを示している。 泡沫候補と評されていたトランプ氏が、なぜこうも高い支持を受け続けるのか。背景には過激派組織「イスラム国」(ISIL)をはじめとするテロリスト勢力の跋扈と、そこから生まれた大量の難民を原因とする社会・経済問題がある。...


続きを読む

2016.01.28号
台湾新政権、現状維持を日米が支援

『週刊新潮』 2016年1月28日号日本ルネッサンス 第689号台湾の運命だけでなく日本及びアジア全体、ひいては米中関係の行方にも大きな影響を与える台湾の総統選挙は、野党・民進党主席の蔡英文氏の大勝利に終わった。そしていま、再び「日米台vs中国」の構図が鮮明になりつつある。「加油台湾! 加油台湾!」「台湾!台湾! 台湾!」 ...


続きを読む

2016.01.23号
チベット弾圧しながら海外仏教徒は歓待 仏教を共産党のためだけに使う中国の狡猾

『週刊ダイヤモンド』 2016年1月23日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1117チベット亡命政府首相、ロブサン・センゲ氏の話は思いがけない内容だった。チベット、つまり、中国に併合され土地も資源も奪われて今日に至るチベット自治区では、漢民族に破壊された寺院の修復が進みチベット仏教が静かに着実に復活しつつあるというのだ。センゲ氏は1月9日から13日まで、首相として2度目の訪日を果たしたが、状況の苦しさとは対照的に意気盛んだった。「年間、2000人から3000人のチベット人が中国から私たちのいる北部インド、ダラムサラの亡命政府の下に逃れてきます。僧、尼僧、一般のチベット人など様々です。私たちは彼らを迎え、僧にはチベット仏教をより深く教え、世俗の人々にも同様にチベットの文化、伝統、価値観を教えます。彼らはダラムサラでチベット人であることの意味を深く体得すると思います。こうしてチベット人の自覚を深めた彼らがまた中国に戻っているのです」 ...


続きを読む

2016.01.21号
チベットの悲劇、許し難い中国の蛮行

『週刊新潮』 2016年1月21日号日本ルネッサンス 第688回1月の連休中に、3年9か月振りに日本を訪問したチベット亡命政府の首相、ロブサン・センゲ氏にお会いした。米国ハーバード大学で上級研究員の地位にあった氏は、2011年8月にチベット人の自由選挙によって首相に選ばれ、亡命政府のあるインド北部のダラムサラに戻った。ダライ・ラマ法王14世から政治指導者の地位を受けついだ氏は、今年8月、5年間の第1期を終え、第2期を目指す。 妻のケサン・ヤンドンさんも1人娘のメンダ・リナさんも昨年2月、ハーバード大学のあるボストンからダラムサラに移り住んだ。メンダさんはいま8歳、完全な英語圏からチベット語圏へ、西欧近代社会から東洋の簡素かつ自然の摂理に多くを委ねる社会へと移り住んだ。幼い淑女は両方の言葉で日本の童話を語ってくれるなど、健気かつ利発だった。...


続きを読む

2016.01.16号
書店主らの失踪、新聞買収に見る中国共産党のソフトパワー戦略

『週刊ダイヤモンド』 2016年1月16日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1116昨年暮れ、中国の人権派弁護士として知られる浦志強(ほ・しきょう)氏に北京の第二中級人民法院(地裁)は懲役3年、執行猶予3年の判決を下した。浦氏は2014年5月以来1年7カ月も拘束され、「民族の恨みを扇動した罪」「国家分裂を扇動した罪」で裁かれたのだ。 執行猶予付きの判決でも国際社会は決して安堵できない。その理由はもう1人の人権派弁護士、高智晟(こう・ちせい)氏の例を見れば明らかだ。...


続きを読む

2016.01.14号
原子力規制委が妨げる最先端癌治療

『週刊新潮』 2016年1月14日号日本ルネッサンス 第689回 昨年12月、鹿児島県にある九州電力川内原発を取材して考えた。東日本大震災以降、原子力発電の安全基準は大幅に強化され、日本の規制基準は世界で最も厳しくなった。全原発が止められた中で先頭を切って再稼働を許された川内原発のいたる所に、原子力規制委員会のメンタリティが見てとれた。杓子定規で、合理性を欠いた、硬直した精神だと言ってよいだろうか。 広い敷地の方々に大容量の給水用ポンプ車、どこにでも大量に注水可能な放水砲、高圧発電機車、緊急用車輌や復水タンクの数々が配置され、幾つかは太い鎖で分厚いコンクリートの床につながれていた。竜巻対策であるのは明白だが、果たしてここまで必要なのかと考え込んだ。...


続きを読む

2016.01.09号
韓国で日韓基本条約に伴う訴えを却下 必要な歴史の学び直しと冷静な反論

『週刊ダイヤモンド』 2016年1月9日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1115 韓国の憲法裁判所が2015(平成27)年12月23日、1965(昭和40)年の日韓基本条約に伴う請求権協定で、韓国人の個人請求権も含めて「完全かつ最終的に解決された」と定めたことは違憲だとする訴えを却下した。 却下の理由は請求権協定の内容は「合憲だ」と認めたからではない。訴え自体が法的要件を満たしていない、手続きに問題ありとする却下である。...


続きを読む

2016.01.07号
中国の人権派弁護士弾圧に強く抗議せよ

『週刊新潮』 2015年12月31日・2016年1月7日号日本ルネッサンス 第686回 12月16日、習近平主席は中国浙江省で開幕した「世界インターネット大会」で演説し、「ネット空間は無法地帯ではない。秩序を構築しなければならない」として、「各国が自主的に管理するネット主権の原則を貫くべきだ」と強調した。 ...


続きを読む

2016.01.02号
成功果たした中小企業の“親父”が教えるアジア諸国との上手な付き合い方

『週刊ダイヤモンド』 2015年12月26日・2016年1月2日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1114創業から70年、正社員59人、週4日で1日5時間勤務のパート社員45人の伊藤製作所が、日本的中小企業経営で世界に羽ばたいている。環太平洋経済連携協定(TPP)の時代に入ったいま、最も大きな成長が見込まれるのが独自技術を持つ中小企業だ。伊藤製作所の成功は、他の中小企業を成長に導く貴重なヒントになるだろう。 同社は金型製造会社である。代表取締役社長の伊藤澄夫氏は1995年にフィリピンのマニラに、2013年にインドネシアに進出した。大成功の鍵は日本の中小企業の経営方式を大事にすること、その心は「会社は家族」だという。...


続きを読む

2015.12.24号
日印、安倍外交で重要拠点を確立

『週刊新潮』 2015年12月24日号日本ルネッサンス 第685回安倍晋三首相のインド訪問は日印双方のみならず、アジアの安定に資する大きな果実をもたらした。 インド初の高速鉄道に新幹線方式が採用され、日本製の防衛装備品及び技術移転を可能にする協定も、秘密軍事情報の相互保護の協定も結ばれた。強い日本と強いインドの組み合わせは、中国の台頭とは対照的にアジアの幸福を守る力となるだろう。...


続きを読む

2015.12.19号
遺稿集を読んで考えた 車谷長吉さんの感性と生き方

『週刊ダイヤモンド』 2015年12月19日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1113師走に入って車谷長吉(くるまたに・ちょうきつ)さんの遺稿集、『蟲息(ちゅうそく)山房から』(新書館)が届いた。 車谷さんには1度しかお目にかかっておらず、「さん」でお呼びするのはおかしいかもしれない。にもかかわらず、その佇まいには「氏」と呼ぶよりも、「さん」付けの方が似合っているように思えて、あえてそうさせていただく。...


続きを読む

2015.12.17号
オバマ米政権、行き詰まるテロ対策

『週刊新潮』 2015年12月17日号日本ルネッサンス 第684回 12月6日、オバマ米国大統領がホワイトハウスの執務室から全米向けのテレビ演説を行った。画面に映った大統領の表情は精彩を欠いていた。カリフォルニア州サンバーナディーノで起きたテロ事件を受けて、テロと戦う確固たる意思表示のための重大演説だ。力強い眼光が両眼に溢れていなければならない。しかし、大統領は沈んだ目で語った。「テロの脅威は現実のものだが、我々はそれを克服する。我々は強く賢く、忍耐強く容赦なく攻撃し、勝利する。アメリカの力の全てを注入する」...


続きを読む

2015.12.12号
沖縄前知事らが現知事の主張を批判 辺野古は「反対のための反対運動」

『週刊ダイヤモンド』 2015年12月12日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1112インターネット配信の「言論テレビ」の番組で、前沖縄県知事の仲井眞弘多(なかいま・ひろかず)氏と石垣市長の中山義隆氏の話を聞いた。「知事退任から1年、体調はかつてなく快調。理由は(偏向報道で知られる)沖縄の新聞を読まないから」と破顔一笑した仲井眞氏は、翁長雄志(おなが・たけし)現知事の辺野古闘争に極めて批判的だ。 翁長氏は12月2日、福岡高等裁判所那覇支部で行われた第1回口頭弁論で、「裁判で問われているのは承認取り消しの是非だけではない」「沖縄県にのみ負担を強いる日米安全保障体制は正常か国民に問いたい」と主張した。...


続きを読む

2015.12.10号
自民党歴史勉強会に託される課題

『週刊新潮』 2015年12月10日号日本ルネッサンス 第683号歴史のとらえ方ほど、各国、各人の間で合意し難いものはない。にも拘わらず中韓両国は日本に「正しい」歴史認識を持てと要求し続け、「正しく」歴史に向き合えば謝罪は当然だと言い募る。 ロサンゼルス発で『産経新聞』が、重慶爆撃を題材にした中国映画の完成を伝えた。監督は中国人、俳優陣には「ダイ・ハード」シリーズに出演したブルース・ウィリス氏、「リーサル・ウェポン」のメル・ギブソン氏ら、人気者が顔を揃えている。シルベスター・スタローン氏も続編に名乗りをあげたそうだ。...


続きを読む

2015.12.05号
日章旗を土足で踏みつけさせる中国 大事に取り扱い返還してくれる米国

『週刊ダイヤモンド』 2015年12月5日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1111 本当にうかつだったが、西岡力氏に指摘されるまで、私は気付かなかった。 北京市郊外にある「中国人民抗日戦争記念館」は「抗日戦争勝利70年」の今年、全面改装され7月に公開されたが、広い館内を一巡する道順の一画に異様な空間がある。ガラス張りの床の下に日章旗を埋め込み、参観者はわが国の国旗を土足で踏みつけなければ一巡できない構造だというのだ。...


続きを読む

2015.12.03号
テロと中国の脅威、自衛隊を強化せよ

『週刊新潮』 2015年12月3日号日本ルネッサンス 第682号11月23日、シンクタンク「国家基本問題研究所」主催のセミナー、「南シナ海・米中の奇妙な冷戦」を行った。南シナ海で起きている中国の侵略は、必ず東シナ海でも起きる。東南アジア諸国から島を奪い、埋め立て、軍事拠点化して南シナ海のほぼ全域を自国の内海にしようとする中国は、力で日本を圧倒できると判断した途端に、わが国に対しても同じような強硬さで、尖閣諸島と東シナ海のほぼ全域を奪おうとするだろう。 中国の意図は明らかなのに、南シナ海における米中関係は、どう見ても奇妙だ。米国は中国に極めて遠慮がちで、中国も米国に対し抑制的である。過去に日本の頭越しに米中が手を握ったこともある。そのような中で、日本はどう対処すべきかがセミナーの主眼だった。...


続きを読む

2015.11.28号
7万人の群衆が蜂起する大暴動が発生 左翼勢力が勢い増す韓国の危機

『週刊ダイヤモンド』 2015年11月28日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1110 パリが襲われ、世界の目がイスラム原理主義者による大規模テロに吸い寄せられたのと同じ日、韓国で7万人の群集と2万人の警官が衝突する大暴動が起きた。群集は朴槿恵大統領の退陣を要求して青瓦台に向かう途中、警察の機動部隊に阻まれ大型車両50台を襲い、3台を破壊した。115人の警官が負傷した。 YouTubeで「Korea riot 2015」と入れれば暴徒と化した7万人の動画を見ることができる。彼らは53団体の構成員から成り、その先頭に立ったのが韓国最強の労働組合といわれる金属労組である。日教組よりも尚左翼的な全教組や「祖国統一汎民族連合」(汎民連)の南側本部も暴動に加わった。...


続きを読む

2015.11.26号
高速増殖炉継続で日本の国益を守れ

『週刊新潮』 2015年11月26日号日本ルネッサンス 第681回 原子力規制委員会(以下、規制委)は国家行政組織法による3条委員会である。委員長及び4人の委員は衆参両院の同意を得て総理大臣が任命する。公正取引委員会同様、規制委は内閣から独立した強い権限を持ち、総理大臣といえども注文をつけることはできない。その強い権限で日本のエネルギー政策の根幹を動かし得る立場にいる5人とは、田中俊一委員長を筆頭に、更田豊志、田中知、石渡明、伴信彦の4委員である。 ...


続きを読む

2015.11.21号
さまざまな国籍、民族の人々が集い大盛況だった憲法改正一万人大会

『週刊ダイヤモンド』 2015年11月21日号新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1109 11月10日、東京・九段の日本武道館が1万1千数百人でいっぱいになった。「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が主催した「今こそ憲法改正を!一万人大会」でのことだ。 ...


続きを読む