過去の放送

Vol.18 一般公開

「正しいと思えばひるまない。突破力なら誰にも負けない自信がある」
稲田担当大臣が、公務員制度改革、規制改革などの実行に覚悟を示す!

2013.02.22 41分

 稲田朋美議員は、これまで手掛けてきた得意分野とはやや異なる規制改革、行政改革、公務員制度改革などの担当大臣に抜擢されました。会談の冒頭、櫻井キャスターが「安倍総理から何か特別に言われましたか」と質問すると、稲田担当大臣は「突破力に期待しています」と就任にあたり安倍総理が語った内容を明らかにしました。

 第2次安倍内閣の成長戦略達成のたたき台となる規制改革会議は、主要4分野の論点59項目が示され、本各的な論議に入りました。2月22日(金)夜9時「櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!」第18回生放送は、規制改革をリードする稲田朋美担当大臣がゲストでした。

 櫻井キャスターは、関係省庁や業界団体の利益が複雑に絡み合った検討課題を本当に改革できるか、どの改革を最優先するのかなど決意と戦略を稲田担当大臣に質しました。稲田担当大臣は、現段階では自主的にテーマを決めて、ワーキング・グループが問題を検討しており、優先順位が高いものを選別する作業も行われていると規制改革会議の進捗ぶりを明らかにしました。農業やTPPについて稲田担当大臣は、聖域なき関税撤廃を前提としたTPP交渉には参加しないという自民党の立場を繰り返しました。しかし、23日早朝の日米首脳会談での進展も睨みつつ、守るためには変えていかなければ守れないこともあるとも語りました。

 櫻井キャスターは「公務員制度改革はいまだ実現できていないが、どのように改革を進めるのか」と質問したのに対し、稲田担当大臣は「なぜ、実現できなかったか理由が分からなければ、本当の改革はできない」と述べ、これまでの経緯の中で阻害要因が何だったのかを含め納得できる調査や検討を行っていることを明らかにしました。また、改革は官僚のためにも実行すべきと主張する稲田担当大臣と櫻井キャスターの熱い議論は動画でご覧ください。

 番組の終盤で、稲田担当大臣が最近なぜ髪を短くしたかについて“秘密”を明らかにしています。これは言論テレビの特ダネ?ですので、是非、動画をご覧いただきたいと思います。

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

稲田 朋美
行政改革担当, 公務員制度改革担当, クールジャパン戦略担当, 再チャレンジ担当, 内閣府特命担当大臣(規制改革)

1959年福井県生まれ。早稲田大学法学部卒。弁護士として李秀英名誉毀損訴訟、「百人斬り」報道名誉毀損訴訟などに携わる。<!-- more --> 2005年衆議院議員初当選(現在3期目)、自民党福井県支部連合会会長、党副幹事長などを経て、現在、内閣府特命担当大臣(規制改革)、行政改革・公務員制度改革担当大臣、クールジャパン戦略担当大臣、再チャレンジ担当大臣。弁護士の夫と一男一女、座右の銘は「高邁な精神で決断し、断固として行動する」。著書に『百人斬り裁判から南京へ』『日本を弑(しい)する人々』『私は日本を守りたい 家族、ふるさと、わが祖国』など。

※ プロフィールは放送日2013.02.22時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。