櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

過去の放送


拠出金10億円に韓国の背信はないか
国家間での約束も根底から覆す韓国の価値観

 日本政府は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した昨年の日韓合意に従って、約束どおり元慰安婦を支援する財団に10億円を送金し、9月1日に韓国外交部が確認しました。今後は 、受け取った拠出金で元慰安婦のための事業を行い、韓国政府はソウルの日本大使館前の慰安婦像が適切に移転されるように努力することになります。しかし、韓国国内では日韓合意の無効を訴える声が徐々に大きくなっています。左派系野党、正義党の議員が10億円の受け取り拒否と日本大使館前の慰安婦像を撤去しないよう求める決議案を国会に提出しました。この決議案では、日韓合意は口頭で発表したもので、国会の同意も政府代表の署名もないとして無効と主張しています。これまで韓国は、国家間での交渉で韓国政府が約束したことを根底からひっくり返すような「背信」や「裏切り」行為を、いとも簡単に起こしてきました。いったい、私たちは韓国とどうように付き合ってゆけばよいのでしょうか。
 この問いに答えていただくゲストは、韓国社会も日本社会も熟知する拓殖大学国際学部教授の呉善花さんです。櫻井キャスターと呉善花さんの対談は、まさに日韓関係のように大変厳しい内容になりました。呉善花さんは「最近作られる慰安婦像はまるでモデルのように美しく作られる。慰安婦像は女神となり、そこから生まれた物語に、人々は燃えて燃えてしまう。今、少女慰安婦の悲劇を描いた映画「鬼郷」が大ヒットしている構図も同じ。これが韓国人の情緒です」と韓国社会に流れる底流を分析すると、櫻井キャスターは「韓国人の情緒に従った慰安婦の物語は、歴史的な事実と全く関係のない方向で作られている。負の連鎖です」と指摘しました。呉善花さんは「韓国社会は情緒社会。それが反日に向かえば凄い力を持つ。日本人が理性で話をしても通用しない」と言い切りました。
 対談の最後に櫻井キャスターは「これから日本と韓国とどう付き合っていけばよいのか」と問いますと、呉善花さんは「日本人と韓国人は価値観が違う。10億円出しても、もっと出せ出せと必ず言います。日本人は価値観が違うことを理解して、距離を置いた付き合いをする方が無難だ」と答えました。櫻井キャスターは「日本は冷めた目で、計算しながら付き合わなくてはいけない。思い入れは持ってはいけない、それは外交の鉄則です」と対談を結びました。

≪動画インデックス≫
 1.拡大する「日韓合意」無効運動
 2.韓国国内と国外で慰安婦像は今年中に50以上作られる
 3.国の約束でも韓国は平気でひっくり返す
 4.反日映画「鬼郷」が空前の大ヒットをする背景
 5.なぜ嘘だらけの反日映画が作られるのか
 6.来年上映される反日映画「軍艦島」のテーマは「強制徴用」
 7.日教組より10倍悪い韓国・全教組の反日・反韓ぶり
 8.韓国の子供たちが描いた日本を侮辱する反日絵画
 9.最近作られる慰安婦像がモデルのように美しくなった理由
10.なぜ韓国では親北朝鮮勢力が増えるのか?
11.力を失った朴槿恵政権はもはや社会の変革はできない
12.価値観が違う日本人と韓国人の付き合い方とは?
13.何が良いかは韓国の都合で判断し、その時の政権によって外交は変わる

 Internet Explorer/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。
 Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

 ご使用の端末によって動画プレーヤーの見え方が異なります。

 プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。
  動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。


ゲスト

呉善花
呉善花 (オ・ソンファ) 
拓殖大学国際学部教授
1956年韓国済州島生まれ。大東文化大学卒業(英語学)、東京外語大学大学院地域研究科修士課程修了(北米地域研究)。1994年から執筆活動を開始し、『攘夷の韓国 開国の日本』で第7回山本七平賞受賞、国際グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員、1991年に日本に帰化し、現在は拓殖大学国際開発学部教授。著作に『スカートの風(チマパラム)―日本永住をめざす韓国の女たち』、『「日帝」だけで歴史は語れない』、『韓国倫理崩壊1998-2008―社会を蝕む集団利己主義の実像』、『虚言と虚飾の国・韓国』、『日本復興の鍵 受け身力』、『なぜ世界の人々は「日本の心」に惹かれるのか』など多数。 

※ プロフィールは放送日2016.09.09時点の情報です



一覧へもどる