過去の放送

Vol.37 一般公開

「安倍総理は勝った後に大胆にならず、慎重になるだろう」
自民だけで65~68,69議席で大勝利する予測根拠は?

2013.07.05 50分

 新聞・テレビなどの参院選予測は「自公圧勝、参院のねじれ解消」と伝えています。対談の冒頭、櫻井キャスターが「選挙をどのように見ているか」と質問すると、後藤謙次氏はあっさりと「自民党だけで65~68,69議席」で圧勝と答えました。そのうえで、公明党について意外な分析を披露しました。「公明党は与党内でストッパー役になってくれる期待感があるので参院選は強い」というのです。

 この対談では選挙予測の議論よりも、自民党の圧勝を受けて安倍総理が選挙後にどのような取り組みを行うかに焦点が絞られました。政府や党の人事に手をつけるか、インパクトが足りなかった「第3の矢・成長戦略」をどのように勢いよく飛ばすか、一層難しくなった中韓への外交戦略をどうするか、安倍総理が本当に取り組みたい靖国問題、憲法改正はどうするのかなどが議論されました。

 どの問題でもトップ・ジャーナリスト二人の議論や分析は、興味が尽きません。動画を是非ご覧いただきたいと思います。対談の終盤に櫻井キャスターが「安倍総理が憲法改正にどのように取り組むと考えるか」と問うと、後藤氏は「安倍総理が憲法改正を行うためには衆・参で3分の2というハイレベルな数字を獲得しなければならず、次の選挙までの3年間に公明、民主と膝詰め交渉で説得するしかない」と語りました。さらに後藤氏は「安倍さんは勝った後に慎重になるだろう。エベレスト登山に例えれば目の前の問題をひとつひとつ解決して、まずベースキャンプまで足場を固めながら登り、最後の頂上アタックで一気果敢に登ると考えているのではないか」と述べました。

≪動画インデックス≫
1. 後藤謙次参院選予測「自民65~69議席」の根拠は
2. 公明党が強い意外な理由とは?
3. 選挙後の自民党人事、幹事長は変わるか?
4. 選挙後に財政出動を伴う成長戦略を打ち出せるか?
5. 韓国の朴大統領は日本の鳩山由紀夫か?
6. 安倍総理はまず経済復興を片付けてから、最後に憲法改正に挑む
7. 選挙後に民主や維新は割れるか? 野党再編はあるか?

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

後藤 謙次

後藤 謙次
政治ジャーナリスト

1949年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒、共同通信社政治部長、編集局長などを経て、TBS系列「NEWS23」キャスター、「総力報道!THE NEWS」アンカーなどを務める。現在、政治ジャーナリストとして雑誌、新聞に政治コラムをレギュラー執筆、テレビ、ラジオにコメンテーターとして出演。著書は『竹下政権576日』、『日本の政治はどう動いているのか』、『小沢一郎 50の謎を解く』など多数。

※ プロフィールは放送日2013.07.05時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』