過去の放送

Vol.256 会員限定

アメリカ人からみた日本人の国防意識

TVなど報道財閥は競争が無いので解体せよ

2017.09.15 60分

 対談の朝、北朝鮮の弾道ミサイルが再び北海道上空を通過し、日本の北半分にJアラートのサイレンが鳴り響きました。「国の交戦権は認めない」という憲法を持った国に対し、北朝鮮の危険な挑発が続きます。
 櫻井キャスターが「実際にミサイルが飛んでいるのに、今くらいの危機感でおさまっているのは憲法のせいか」と尋ねると、ケント・ギルバートさんは「GHQの出したWar Guilt Information Programで洗脳され続けている。GHQが帰っても日本人による日本人への検閲が行われ、日教組の教育も続いた。憲法9条も洗脳計画の一部だ」と答えました。
 対談の中盤で、話題はメディアに及び櫻井キャスターは「加計問題でNHKも朝日新聞も自分が言いたいことだけ報道して、全体像を見せなかった。メディア問題は放置できない」と述べると、ケントさんは「新聞がテレビ、ラジオ、BS、CSなどおさえてメディアが1系列ずつになっていれば、“報道財閥”です。財閥ならば競争原理が働かないので解体する必要がある。解体して多くの情報源を確保できれば放送法などいらない」と指摘しました。

≪対談で語られた論点≫
 1.アメリカ人から見れば日本人の北朝鮮対応は“異常”
 2.憲法9条があっても北朝鮮は躊躇しない
 3.いまだにWar Guilt Information Program効果が続いている
 4.GHQが帰っても日本人が日本人に検閲を続けた
 5.韓国では60%が核武装賛成、米国は日本核武装論を論じ始めた
 6.パシフィズム(平和主義)は夢みたいで無責任
 7.“報道財閥”は解体せよ!
 8.平和ボケ「努力しなくても平和が続くと勘違いしている人たち」
 9.日教組は「国の誇りを持ってはいけない」と教育する
10.神話を忘れた民族は滅びる

ケントギルバート
米カリフォルニア州弁護士/タレント

1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行っている。著書に『不死鳥の国・ニッポン』(日新報道)、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 」など多数。

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

書き下ろしのメルマガを配信元気になるメルマガ

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!

  • 一刀両断

    一刀両断

    5月18日発売!

    1,620円(税込)

    この国を貶め、惑わすあらゆる元凶を真正面から糾す!「いま再び私たちは、雄々しく変わるときなのだ。急げ、急げ、さらに急げ。」日本が対峙する喫緊の難題に、強き国として突き進む道を明快に指し示す!