過去の放送

Vol.348 特別無料配信

緊急特番 安倍首相に櫻井よしこが迫る

堂々改憲議論するかどうかが政党を選ぶ基準

2019.06.21 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今夜の特別番組は安倍総理がゲストでした。ご多忙な中、予定時間を越えて話が弾みました。
 何と言っても今夜のニュースは二つです。第一には憲法改正を参議院選挙の目玉公約にするという強い決意を示したことです。 第二には10月の今上陛下即位の礼が無事に完了した暁には、皇族減少の問題を解決する策を考え始める。その際は男系男子による継承を大事にして様々な具体的方法を考えるということでした。
 また、日本は世界中に友人がいて、世界中から好意をもたれていることを以下の様な事例で話しました。オーストラリアの前の前の首相、アボット氏がこの1週間ほど日本を訪れ自転車旅行をしているそうです。あるとき雨が降ってずぶぬれになった為に、コインランドリーで洗濯しようとしたところ、使用方法がわからず困っていました。そこに一人の日本人がやってきて、自分のコインを入れて回して助けてくれたそうです。アボット氏はこんな国は日本しかない。オーストラリアでもこんなことはしてもらえないと大感激だったそうです。

≪対談で語られた論点≫
 1.日本初のG20サミットにかける意気込み
 2.習近平主席と200万人香港反政府デモ
 3.イラン市民はシンゾ―・アベを知っていた
 4.中東和平には岩に爪をたてて取り組む
 5.アボット豪元首相をめぐるちょっと良い話
 6.安倍首相自身が説明する2000万円年金問題
 7.男系男子継承を大事に皇族減少に取り組む
 8.参院選の目玉公約は憲法改正にする
 9.堂々改憲議論するかどうかが政党選択基準

※ 動画中の見出しスーパー(2分48秒)
 強調は「協調」の変換誤りですので
 訂正させていただきます。

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

安倍晋三
内閣総理大臣

1954年、東京生まれ。成蹊大学法学部政治学科卒業後、(株)神戸製鋼所を経て、1993年、衆議院議員初当選を果たす。現在、当選9回。自由民主党幹事長、内閣官房長官などを歴任。2006年、第90代内閣総理大臣に就任し、2007年に辞任したが、2012年に第96代内閣総理大臣に再び就任。

※ プロフィールは放送日2019.06.21時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。