闘うコラム大全集

  • 2022.07.07
  • 一般公開

めぐみさんは生きている

『週刊新潮』 2022年7月7日号

日本ルネッサンス 第1006回


横田めぐみさんは生きている。


6月27日、「世界日報」一面トップの特ダネ、「全員が平壌市内に居住」の記事が伝えた最重要のポイントだ。北朝鮮工作機関「偵察総局」の元幹部、金グクソン氏が日本人拉致被害者について初めて語ったその核心である。


小泉純一郎首相の訪朝時、北朝鮮側は横田めぐみさんや有本恵子さんら8人は全員死亡したと日本側に告げた。金氏は言う。「あれは全て嘘だ。墓地が洪水で流されたり、被害者(めぐみさん)が精神病院に入院したというのも全てデタラメ」と。


日本人拉致被害者は「全員、子供と共に平壌市内に居住」しており、「食べる物、着る物、使う物などに不自由しないよう(朝鮮労働)党が配慮し、北朝鮮では極めて上流の生活」をしている、めぐみさんについては「皆が驚くような話もある」と証言した。めぐみさんの母、早紀江さんが語る。


「こんなに長い間、これ程私たちが求めても帰さないのは、何か事情があって使われているのでしょう。それを思うとたまりません。親の勘として、(自殺などの)変なことにはなっていないと確信しています。めぐみは状況をよく見て、展開しながら考えていく人ですから、極端に走ることはないと思います」


めぐみさんら拉致被害者が平壌で暮らしているという重要情報をもたらした金グクソン氏について、救う会会長で麗澤大学客員教授の西岡力氏が近著『韓国の大統領はなぜ逮捕されるのか』(草思社)で詳述している。それによると金グクソンは偽名だが、氏が北朝鮮対南工作機関の幹部だったのは間違いない。


金氏は工作員養成学校である金正日政治軍事大学卒業後、労働党の対外連絡部工作企画官としてキャリアの第一歩を踏み出した。労働党作戦部で計21年をすごし、偵察総局5局戦略企画秘書官・大佐に昇進、その後も工作機関で戦略立案を手掛け、2014年9月末、韓国に亡命した。


秘密のミッション


亡命のきっかけは、家族と北京に駐在していたとき、30年間も兄弟の交わりをしてきた張成沢が粛清されたことだった。叔父にあたる人物をむごい形で粛清した金正恩の魔の手から逃れ、韓国では国家情報院傘下の国家安全保障戦略研究所に勤めた。しかし、北朝鮮に取り込まれた文在寅大統領の対北朝鮮政策に失望して19年5月、同研究所を退職した。


西岡氏の指摘だ。


「金氏は昨年、BBCの取材を受けて、韓国がすでに北朝鮮からスパイを送る必要がないほど政治的に北朝鮮に従属していること、朴槿恵弾劾も自分たちが仕掛けたことなどを、実例を挙げて詳しく説明しています。彼は間違いなく北朝鮮の工作機関の中枢にいたのです」


金氏は、拉致に直接関わっていないとしながらも、拉致問題の解決策を提言せよと指示されたと語る。


「金正日は呉克烈(作戦部部長)に尋ね、呉克烈から私に(提案を出すよう)指示が下された。拉致を認め、被害者を日本に(一時)帰国させるという案を出したら、金正日が『これでよし』と言った」


小泉首相が安倍晋三官房副長官を伴って平壌を訪れ、金正日総書記と首脳会談を行ったのは02年9月17日だった。午前中の会談では金正日氏は拉致に言及せず、認めもしなかった。日本側だけで昼食を別室でとっていたとき、安倍氏が盗聴を承知で小泉氏に提案した。金正日が拉致を認めないのなら、このまま帰りましょう、平壌宣言もなしだ、と。


結果、午後の会談の冒頭、金正日氏が拉致を認め、謝罪した。表に出た成り行きは右のとおりだが、水面下では北朝鮮側が何とか横田夫妻を平壌に呼び寄せようとしていた。


めぐみさんの夫が、遺骨は手元にある、夫妻が来れば遺骨にお参りもできると言ってきたが、早紀江さんが強く反対した。「そんなことをすれば、めぐみが死んだことにされてしまう」と、直感したのだ。


次に北朝鮮が提示したのが蓮池薫さんら5人の帰国だ。5人は短期間日本に滞在して北朝鮮に戻ることになっていた。だが、そうはせず、日本にとどまった。後に蓮池さんが告白した。帰国時に秘密のミッションが与えられていた、平壌に来るよう横田夫妻を説得することだった、と。だが5人は日本にとどまる道を選び、北朝鮮の狙いは秘密のミッションと共に砕け散った。


次に北朝鮮が出してきたカードがウンギョンさんという、めぐみさんの娘、横田夫妻の孫だった。北朝鮮は孫に会わせるという口実で横田夫妻を平壌に連れ出そうとしたが、この時も早紀江さんが断固反対した。夫妻の平壌訪問は、「拉致問題は解決、8人は全員死亡」という結論を確定するのに必ず利用されると分かっていたからだ。


全員救出こそ国の責任


そして長い時間がすぎ、14年3月、横田夫妻は、日本でも北朝鮮でもないモンゴルのウランバートルで孫娘に会った。早紀江さんが振り返る。


「ウンギョンちゃんの雰囲気はめぐみにそっくりでした。ひ孫に当たるかわいい女の子はおだやかでおっとりしていて、上手に育てているなぁと思いました。私はウンギョンちゃんに『おばあちゃん(早紀江さん)はあなたのお母さん(めぐみさん)は亡くなっていないと思っている、絶対に元気でいると思っているのよ』と言いました。ウンギョンちゃんはとてもびっくりした様子で、動揺したのでしょう。翌日の食事には姿を見せませんでした。その次の日には普通の様子で会えましたが、まだ話せないことが沢山あるのです」


そしてこうも語る。


「モンゴルでのことは、不思議な時間だったなぁと思います。お父さん(滋さん)も、ウンギョンちゃんやひ孫に会えて本当によかった。私たちはこんなに和やかにできるのに、なぜ、めぐみを帰してくれないのかと思ってしまいます」


世界日報のスクープの意味は、なんと言っても北朝鮮工作機関の幹部だった人間が、身分を明かして、拉致被害者の無事と生存を明言したことだ。このような重要な立場にいた人物が、北朝鮮が日本に伝えたことの全てが嘘だったと、はっきり証言したのは初めてだ。そして金グクソン氏は北朝鮮の考え方を語っている。


「死亡したと言っても生きており、あるものをないというのが政治の世界だ」


家族会も救う会も、めぐみさん、有本恵子さん、増元るみ子さんら全員が生きていると信じて、全員の一括帰国を北朝鮮に要求し、政府にも求めてきた。その要求は正しいのだ。北朝鮮の言葉のひとつひとつに振り回されず、日本側が収集した情報に基づいて、全員が生きている、全員救出こそ国としての責任だと固く思い定めて、政府も国民も心をひとつにしたいと思う。

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』