過去の放送

Vol.123 一般公開

農協改革は合意したが、農業改革はこれからが勝負だ!
TPP交渉合意を見据えて農業の「競争力強化」に全力で取り組むべきだ

2015.02.27 58分

 安倍政権は、先月農協改革でJA全中と大筋合意しました。60年ぶりの農政大改革ですが、目標である「強い農業」が実現出来るのでしょうか?また、政府は、TPP交渉で早期に大筋合意を目指したいという中で、国内の農業の「競争力強化」は待ったなしの状況です。
 対談では冒頭、櫻井キャスターが「安倍内閣は岩盤規制を打ち破った、農協も彼らが守りたい権益は死に物狂いで守ったのが今の実態、総合評価はどうか」と尋ねると、山下氏は「大きな一歩だが、終わりでなくて次の改革が必要だ」と答えました。合意が近いと言われるTPP交渉ですが、櫻井キャスターは「合意は3月とも5月とも言われているが、日本がすごく譲歩を迫られていると言う人もいるがどうか」と米農務省の会議に出席して帰国したばかりの山下氏に問うと、山下氏は最新情報を牛肉、豚肉、コメに分けて、現在の交渉状況を具体的に説明しました。

≪動画インデックス≫
 1.農業改革で何が変わったのか?
 2.農協はなぜ農業の発展を阻害したのか?
 3.農林中金の融資70%はウオール街への投資に使われている
 4.なぜ県中央会には手を付けなかったのか?
 5.農協改革は貴重な1歩だったが、問題も残った
 6.地域農協にとって大事なのは、准組合員の人数
 7.農協改革後、地域農業は力を発揮できるのか?
 8.米国のTPPをめぐる最新状況
 9.TPP交渉合意に向けて日本は厳しい譲歩を迫られたか?
   ・牛肉交渉
   ・豚肉交渉
   ・コメ交渉
10.強い農業を実現するために日本は何がすればよいのか?

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

山下 一仁
キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹

1955年岡山県生まれ。77年東京大学法学部卒業後、農水省入省。82年ミシガン大学にて応用経済学修士。2005年東京大学農学博士、農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、食糧庁総務課長等などを歴任し、08年農林水産省退職。現在、(独)経済産業研究所上席研究員、日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科講師、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。剣道4段。著書に『TPPおばけ騒動と黒幕~開国の恐怖を煽った農協の遠謀~』『農協の陰謀-「TPP反対」に隠された巨大組織の思惑』『環境と貿易』『農業ビッグバンの経済学』『日本の農業を破壊したのは誰か』など多数。

※ プロフィールは放送日2015.02.27時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

書き下ろしのメルマガを配信元気になるメルマガ

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!