過去の放送

Vol.22 一般公開

「ALL JAPANで3年以内にレアアースを引き上げたい」
水深5,600mの海底開発を可能にする採掘システムとは?

2013.03.22 45分

 南鳥島周辺の海底に眠るレアアース情報は、加藤教授との対談を視聴していただければ幅広い理解が可能です。対談の中では、加藤教授にお持ちいただいた貴重なレアアース泥の実物もご覧いただけます。加藤教授と櫻井キャスターとの対談は、非常にホットなタイミングで行われました。実はその前日、加藤教授の研究チームと海洋研究開発機構は文科省記者クラブで会見し、1月に行われた南鳥島周辺の海底探査で高濃度レアアースを確認したと発表したのです。 

 レアアース(Rare earth elements)を材料とする磁石は、ハイブリッド車、電気自動車、LED照明、スマートフォーンなどハイテク製品に必要不可欠です。しかし、9割を産出している中国が尖閣問題以後、輸出規制を行うなど問題も抱えており、日本が日本の排他的経済水域内にあるレアアースを独自開発できれば、供給を求めて中国の顔色をうかがったりせずに済みます

 対談の中で、櫻井キャスターは尖閣問題直後になぜ猛烈に調査を始めたかを問いました。加藤教授は「2年かけて論文にしようとしていましたが、中国がレアアースを出さないと言い始めたので、研究室を総動員して2カ月で論文を書き上げました」とレアアースの存在を発表した当時の差し迫った状況を振り返りました。櫻井キャスターは「まさに侍JAPANの志ですね」と応じました。

 対談の終りに加藤教授は「最速で行けば探査は1~2年でできる、同時並行で採掘の実証試験が2~3年、3年以内にパイロット的にレアアースを引き上げることができる。日本のため、世界のためにALL JAPANでやりたい」と資源開発にかける決意を語りました。

≪動画インデックス≫
1. 南鳥島の位置とレアアースの重要性
2. 海底泥にはどの程度のレアアースが含まれるか
3. 中国はなぜ環境汚染となるレアアースを開発するのか
4. 海底のレアアース泥に放射性元素は含まれていないのか
5. 世界のレアアース事情
6. 経産省など日本政府のプロジェクトサポートは十分か
7. 何年先にレアアースの引き上げは可能か、日本は資源大国になれるか
8. 水深5,600mの海底開発を可能にする採掘システムとは

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

加藤 泰浩
レアアース資源

1961年埼玉県生まれ。東京大学理学部地学科卒業、同大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)。日本学術振興会特別研究員、山口大学理学部助手、米国ハーバード大学客員研究員、英国ケンブリッジ大学客員研究員などを経て、現在は東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター教授。2011年『ネイチャー・ジオサイエンス』誌で、太平洋の海底にレアアースを含む泥の大鉱床があることを発表し世界中で大反響を呼んだ。著書に『太平洋のレアアース泥が日本を救う』など。

※ プロフィールは放送日2013.03.22時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。