過去の放送

Vol.164 一般公開

甘利大臣が明かすTPP交渉の全秘話

「ふざけるな」何度も米代表を怒鳴りつけた

2015.12.11 68分

 アトランタで行われたTPP(環太平洋経済連携協定)交渉の閣僚会合は、日程を延長に延長して、10月5日にようやく大筋合意に達しました。TPPの合意で世界のGDPの40%を占める巨大な経済圏が誕生しました。日本が正式に参加した2013年7月以降、甘利TPP担当大臣とフロマン米通商代表のやり取りは、息をのむほど緊迫した交渉の連続だったようです。
 対談で甘利大臣は「フロマン代表に『命がけで交渉をまとめようと思っているのは私と安倍総理だけだ、私の気持ちが折れれば終わりだ』と言うと、フロマン代表も『自分も同じだ。Mr.甘利、心折れないで頑張ってくれ』と言う仲での怒鳴り合いですから、交渉が壊れなかったのです」と長く厳しかった交渉を思い出すように語りました。
 この後櫻井キャスターは「5品目など例外的に関税を残すことが、かえって日本の農業を強くすることから頓挫させたのではないか」と問うと、甘利大臣は「企業、経営感覚で捉える意識が育つまで時間が必要で、生産者が闘う前に意気消沈しないように緩和措置が必要だ。片方で不安を取り除きながら、一方で攻める戦略の準備をする」と答えました。対談は米国のTPP批准問題、TPPと中国、成長戦略と来年の経済など1時間を超えて行われました。

≪動画インデックス≫
 1.【もんじゅ見直し勧告】政府はなぜ原子力規制委員会の在り方を放置するのか
 2.鮨処「すきやばし次郎」でのオバマ・安倍会談の実情
 3.甘利大臣が明かすTPP交渉2年7ヶ月の全舞台裏
 4.本音の交渉では時には声を荒げ、机を叩き、時には「お互い」に怒鳴り合う
 5.櫻井「机を叩く時はバーンって叩くの?拳で叩くの、ちょっと叩いてみて」
 6.「命がけと思っているのは私と安倍総理、私の気持ちが折れればそれで終わりだ」
 7.TPPを戦った「チーム甘利」は戦友同士
 8.例外的に関税を残したために「強い農業」への道は、頓挫していないか
 9.「農業」と「自動車」をバーターで交換したのではない理由とは
10.米国がアジア太平洋にプレゼンスを示せば、間接的な安全保障で地域は安定する
11.ルールを受け入れるのではなく、日本がルールメーカーとなった日
12.世界の40%の経済圏への投資+イノベーション拠点=新輸出大国

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

甘利明
経済再生担当大臣・TPP担当大臣

1949年神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。ソニー入社後2年で退社し、父甘利正元衆院議員の秘書。1983年衆議院選挙で初当選後、当選連続10回。1998年小渕内閣で労働大臣として初入閣、2012年第2次安倍内閣から経済再生・社会保障・税一体化改革担当大臣、TPP担当大臣。

※ プロフィールは放送日2015.12.11時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。