櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

過去の放送


日本は憲法改正でこんなに変わるSP
9条2項の改正が尖閣防衛に安定をもたらす

 「言論テレビ4週年感謝の集い」は、1週間ほど降り続いていた長雨がおさまり、青空が広がる好天に恵まれました。会場には、北は北海道、南は沖縄から会員、櫻会員の皆様約300人がお集まりになりました。今年は、これまで番組にご登場いただいた有元隆志さん、石川裕一さん、石橋文登さん、伊東寛さん、太田文雄さん、篠原章さん、杉田水脈さん、田村重信さん、富樫利男さん、西岡格さん、西岡力さん、西川京子さん、松島トモ子さん(アイウエオ順)がご参加くださいました。           
 9月25日(日)午後2時、東京・永田町の星陵会館。稲田朋美防衛大臣の講演に続き、ベストセラー『永遠の0』、『カエルの楽園』の著者で作家の百田尚樹さん、櫻井よしこキャスター、花田紀凱編集長のスペシャル・セッションが始まります。櫻井よしこキャスターが舞台に姿を見せると会場から大きな拍手が湧き上りました。さあ、開演です。

 Internet Explorer/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。
 Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

 ご使用の端末によって動画プレーヤーの見え方が異なります。

 プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。
  動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

動画インデックス


言論テレビ放送4周年感謝の集い
「日本は憲法改正でこんなに変わる」
2016年9月25日 東京・永田町星陵会館で収録


      ★稲田朋美防衛大臣スペシャル講演(30分)
        1.憲法改正は議員の数ではなく国民投票
        2.共産党と組む民進党には政権を担う資格なし
        3.自衛隊の支持率は92.2%
        4.中国を国際法のルールに従わせる必要がある
        5.歴史認識は客観的事実がすべてだ
        6.稲田大臣の進める3防衛政策
        7.経済と安全保障が両輪

      第1部:「国民が納得する憲法改正の道」
        1.百田尚樹はなぜ『カエルの楽園』を書いたのか
        2.GHQがたった1週間で日本国憲法を作った
        3.憲法学者は「ガラパゴス学者」にすぎない 

      第2部:「9条2項改正と尖閣有事」
        1.自衛官のために私たちは何ができるのか
        2.中国・北朝鮮の今そこにある具体的な危機
        3.中国民兵の尖閣上陸の時期はいつ
        4.尖閣で日中が軍事衝突すれば
        5.日中空軍の実力比較
        6.尖閣で日米連携は機能するか
        7.憲法改正の国民投票で勝利するためには

      第3部:「櫻井よしこ&花田紀凱と会員交流会」
        サイン入り新刊本『日本の未来』&『憲法改正DVD』が当たる抽選会など



ゲスト

稲田朋美
稲田朋美(いなだ ともみ) 防衛大臣
1959年福井県生まれ。早稲田大学法学部卒。弁護士として李秀英名誉毀損訴訟、「百人斬り」報道名誉毀損訴訟などに携わる。2005年衆議院議員初当選(現在3期目)、自民党福井県支部連合会会長、党副幹事長、内閣府特命担当大臣(規制改革)、行政改革・公務員制度改革担当大臣、クールジャパン戦略担当大臣、再チャレンジ担当大臣、自民党政調会長などを経て、2016年8月 防衛大臣に就任。弁護士の夫と一男一女、座右の銘は「高邁な精神で決断し、断固として行動する」。著書に『百人斬り裁判から南京へ』『日本を弑(しい)する人々』『私は日本を守りたい 家族、ふるさと、わが祖国』など。


百田 尚樹(ひゃくた なおき)作家
1956年大阪生まれ。同志社大学を中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数担当。2006年特攻隊の零戦乗りを描いた『永遠の0』で作家デビューし、2013年出光興産の創始者出光佐三をモデルに世界のメジャーに対抗した男を描いた「海賊と呼ばれた男」が本屋大賞を受賞した。その他『ボックス!』『モンスター』『錨を上げよ』『夢を売る男』『「黄金のバンタム」を破った男』『フォルトゥナの瞳』など多数。『永遠の0』は文庫本が370万部を突破。映画『永遠の0』が観客動員数700万人と大ヒットした。日本の虚構の平和主義の行く末を描いた寓話『カエルの楽園』は28万部と大ヒット中。「週刊文春」に『幻庵』を連載中。

※ プロフィールは放送日2016.09.30時点の情報です



一覧へもどる