過去の放送

Vol.47 一般公開

「3%上げ2%国民に返す、実質1%の穏やかな増税は悪いやり方ではない」
財政再建とアベノミクス成長戦略は両立できるのか?

2013.09.13 53分

 この対談企画の当初の狙いは、熊谷亮丸氏の最新著書のテーマであるパッシング・チャイナ(Passing China)中国を素通りして南アジアという巨大な潜在市場を日本経済につなげる発想を論議することでした。しかし、増税をするのか、先送りするのか世論を二分していた消費税増税問題で放送前日に読売新聞が「首相、意向を固める」と報じたために、急遽テーマを消費税増税問題に変更しました。

 熊谷氏は、8.27に消費税を上げるか否かについて有識者や専門家に聞く官邸会議で、増税を支持する意見を述べています。安倍総理が決断したと報道された消費税増税の特色は、景気の腰折れ対策として増税する3%のうち2%分相当の5兆円経済対策をセットで実施する点です。熊谷氏は「3%上げ、2%はある種の民主主義のコストとして国民に返す、実質1%に相当する穏やかな増税は悪いやり方ではない」と評価しており、櫻井キャスターが「いただいておいて、また返すというのは一見矛盾するが」と指摘すると「増税で8兆円くらいの税収が上がれば永遠に続く財源になります。景気対策は1年限りですから、そこのワンショットで少し使ったとしても、長い目で見れば財政再建が進みます」と答えました。

 極めてホットなタイミングで熊谷氏をゲストに迎え、消費税増税とアベノミクス成長戦略をあらゆる角度から検証する議論が交わされました。番組後半ではパッシング・チャイナという熊谷氏の大胆な発想について中国だけにのめり込まず、親日的な南アジアにシフトすべきだという議論が展開されました。
 
≪動画インデックス≫
 1.オリンピック経済効果は150兆円の内容とは?
 2.消費税有識者・専門家会議の増税賛成VS反対のガチンコ議論
 3.増税の先送りはアベノミクス第1、第3の矢を台無しにする理由
 4.増税すると景気が腰折れするというのは日本の常識、世界の非常識だ!
 5.1%ずつ上げる穏やかな増税は机上の論理で実務の論理ではない
 6.3%上げ、経済政策で2%国民に返すのは悪いやり方ではない
 7.1万円ずつ現金を配るのはバラマキか?
 8.パッシング・チャイナという発想が北京空港で生まれた背景
 9.熊谷亮丸が短期、長期で中国経済を明解分析
10.中国だけにのめり込むな!チャイナプラスワンが必要
11.中国バブルが崩壊する前にパッシング・チャイナをすべきだ!

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

熊谷 亮丸

熊谷 亮丸
大和総研チーフエコノミスト

1966年東京生まれ。1989年東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。1993年旧興銀より国内留学で東京大学大学院修士課程修了。メリルリンチ日本証券チーフ債券ストラテジストなどを経て、2007年大和証券シニアエコノミスト、2010年よりチーフエコノミスト。各種アナリストランキングで、エコノミスト、為替アナリストとして合計7回1位を獲得している。「ワールドビジネスサテライト」レギュラーコメンテーターとして活躍中。著書に『消費税が日本を救う』、『パッシング・チャイナ』など多数。

※ プロフィールは放送日2013.09.13時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』