過去の放送

Vol.280 会員限定

櫻井&青山の憲法改正実現への熱き心

4月末までに軍事オプションか、米朝裏合意

2018.03.02 59分

 憲法改正を実現しようとする「熱き心」が弾け合う素晴らしい対談となりました。
 自民党の憲法改正案の策定作業が活発になってきています。憲法9条改正案の意見を集約する憲法改正推進本部全体会合(細田博之本部長)では、提出された改正案を①安倍総裁の改正案は1項、2項は維持し、その他に「自衛隊を明記」する、②石破茂氏は戦力不保持と交戦権否認を定める「2項は削除」、③青山繁晴氏は1項、2項を維持したまま「自衛権を追記」、に大きく分類しました。
 櫻井キャスターは青山案の「自衛権明記」について「憲法改正で国会発議の3分の2を取るには公明党の協力次第、安倍案でもギリギリ、青山案ではもっと協力が得られないのではないか」と問うと、青山氏は「第3項で自衛権の発動は妨げないといえば、自衛隊は完璧に認められるし、良い意味での発展性もある。しかし、これまでこの案で行ってくれとは一言も言っていない。たたき台なので、自民党の中で揉んで形を変え、言葉をのせ、決議してもらい、まず公明党、次に野党、そうしなければ国会発議の3分の2はとれない」と応じました。さらに青山氏は「憲法改正だけは無理にまとめないで、自由な討議の結果、ここまで煮詰ったと、あと1回超党派で煮詰めるというのが本来のやり方だ」と憲法改正のカタチを力説しました。
 後半は朝鮮半島情勢が語られました。櫻井キャスターは「パラリンピック以後の朝鮮半島情勢はどうなるのか」と尋ねると、青山氏は「トランプ大統領は4月末までに二つのうち一つを決断する。限定的であっても軍事オプションを使うか、米朝裏合意で日本を裏切るかだ」と断言しました。なぜ青山氏がそう考えるのか。根拠は何か、米朝裏合意で日本はどうなるのかは動画でお楽しみください。

≪対談で語られた論点≫
 1.なぜ自民党で憲法改正論議が加速したか
 2.憲法改正を阻む「政治の現実」
 3.自民リベラル「9条は触らない方が良い」
 4.石破案は理念こそ良いが現実に戦えない
 5.「自衛隊明記」と「自衛権明記」の違い
 6.憲法審査会51%勝利は国民投票で負ける
 7.憲法改正案は自民党の考え方を示せばよい
 8.安保法制の複雑な議論を再び繰り返すのか
 9.4月末までに軍事オプションか米朝裏合意
10.金英哲韓国訪問で米国は文在寅を捨てた
11.米朝裏交渉は北朝鮮が「現状維持」で良い
12.北朝鮮は絶対に核を諦めない

青山繁晴
参議院議員

1952年兵庫県神戸市生まれ。慶應大学中退後、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社へ入社し、官邸、自民党担当記者等を経て、ペルー日本大使館占拠事件で現地取材した後に退社。三菱総合研究所の研究員として、安全保障・外交から金融・経済など包括する国家戦略の立案に携わる。 2002年シンクタンク独立総合研究所を創立し、代表取締役兼主席研究員に就任した。2007年より近畿大学経済学部客員教授(国際関係論)、TVタックルなどテレビ番組に出演多数。2016年7月参議院選挙比例区(自民)に立候補し当選した。著作に『ぼくらの祖国』、『ぼくらの真実』、『壊れた地球儀の直し方』など。

※ プロフィールは放送日2018.03.02時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

書き下ろしのメルマガを配信元気になるメルマガ

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!