過去の放送

Vol.297 一般公開

諜報小説の鬼才が語る情報組織の実態

北朝鮮要人も監視できる日本諜報の真の実力

2018.06.29 62分

 麻生幾氏をインテリジェンス小説の作家として一躍有名にしたのは、1998年にベストセラーとなり映画化もされた『宣戦布告』です。敦賀半島に国籍不明の潜水艦が座礁し、完全武装した北朝鮮工作員11名が上陸しますが、憲法や自衛隊法に縛られ身動きのできない自衛隊の治安出動を描いています。
 麻生氏は日本の情報収集能力は決して弱くないと言います。北朝鮮関連の情報収集ではオーストラリアやカナダから頼られているそうです。米朝首脳会談が行われ、アメリカの軍事力に頼ることができなくなれば、日本周辺の安全保障環境は激変します。国家のアンテナとなる諜報活動に日本はどのように取り組めばよいのでしょうか。

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今夜のゲストはインテリジェンス小説の大家、麻生幾さんです。麻生さんは日本のインテリジェンス能力がなかなかのものであると言います。第2次安倍政権の時から日本国の情報機関が制度上、普通の国並みに整えられました。無論、その規模は他国に比べて小さいのですが、それでもかなりの成果を上げていると語ります。私たち、国民にとっては心強い限りです。どれほど情報機関が頑張っているか、具体的にお聞きしました。機密情報のため、話せない部分も沢山あるというのが残念でしたが、想像力を働かせながらご覧ください。

≪対談で語られた論点≫
 1.なぜインテリジェンスに興味を持ったのか
 2.第2次安倍政権でインテリジェンス大改革
 3.日本の情報機関はヒューミントが得意
 4.海外で日本の情報機関は評価が高い
 5.北朝鮮に対するインテリジェンス能力
 6.日本は拉致被害者の居場所を知っているか
 7.中国に対するインテリジェンス能力
 8.中国潜水艦に対するインテリジェンス能力
 9.中国漁船紅サンゴ密猟事件の真相
10.中国で使った携帯電話は二度と使えない
11.日本インテリジェンスの課題は何か
12.インテリジェンスと政治家の距離が遠い

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

麻生幾
小説家

1960年大阪府生まれ。「週刊文春」の記者を経て小説家として独立。著書に『ZERO』『宣戦布告』『外事警察』など、近著に公安調査庁の諜報活動を描いた『アンダーカバー』がある。

※ プロフィールは放送日2018.06.29時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。