過去の放送

Vol.314 一般公開

習近平演説で「歴史戦」が影を潜めた

安倍首相は李克強パイプで習近平を牽制した

2018.10.26 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 歴史的な日中首脳会談の成果はどうだったのでしょうか。首相に極めて近い政治記者、石橋文登さんと、日本で恐らく中国を一番理解している記者、矢板明夫さんのお二人をゲストに迎え、論じました。矢板さんは首脳会談の日の外報部責任者で、あいにく生出演はできませんでしたので、前日に収録いたしました。それでも日中関係の本質を鋭く分析してくださっています。石橋さんは政治部長らしく、時には鋭く、しかし極めて適格に分析してくれました。
 安倍首相はこの何十年間で初めて中国の圧力に屈することなく日中首脳会談を行った首相です。中国とアメリカが新冷戦に入った今、日本にはアメリカと協調し中国を上手く牽制する道しかありません。そのような意味で、安倍首相はよく対処したと思います。
 石橋さんと私は、個別の案件で、現在の日本の対中外交を批判しましたが、基本的に安倍外交の効果は評価しています。なお、対談では出てきませんでしたが、対談後、分かったことがあります。安倍総理が8人の日本人捕虜について、きちんと習近平主席に問題提起をしていたことです。

≪対談で語られた論点≫
 1.安倍首相は対中姿勢を変えていない
 2.習近平主席に言わねばならぬ三つのこと
 3.習近平冒頭演説で「歴史戦」が影を潜めた
 4.李克強との太いパイプで習近平を牽制した
 5.出発前夜に安倍氏と石橋部長は何を話した
 6.「一帯一路」と「拉致」とのディ―ル
 7.「一帯一路」を共同でやっていいのか
 8.3兆円規模通貨スワップはさらに問題だ
 9.財界などの思惑が媚中外交にならないか
10.習近平の超誇大主義を文書化しない
11.日本は新冷戦下での対中外交に注意せよ

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

石橋文登
産経新聞政治部長

矢板明夫
産経新聞外信部次長

日本人残留孤児2世として、1972年、中国天津市生まれ。15歳のときに日本に引き揚げ。千葉県出身。1997年、慶応大学文学部を卒業。同年、松下政経塾に入塾(第18期生)、アジア外交が研究テーマ。その後、中国社会科学院日本研究所特別研究員、南開大学非常勤講師を経験。2002年、中国社会科学院大学院博士課程終了後、産経新聞社に入社。さいたま総局などを経て2007年に中国総局(北京)特派員。2016年秋に本社外信部編集委員、2017年4月から現職。著書は「習近平の悲劇」(産経新聞出版)「習近平 なぜ暴走するのか」(文春文庫)など多数。

※ プロフィールは放送日2018.10.26時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。