過去の放送

Vol.326 一般公開

その時、韓国艦は何をしていたのか?

極左文在寅政権なら日韓関係を修正すべし

2019.01.18 113分

 韓国が昨年12月20日にレーダー照射を行った日本海の我が国のEEZ(排他的経済水域)内で、韓国海軍の駆逐艦と海洋警察の警備救難艦の2隻はいったい何をしていたのでしょうか。この時、駆逐艦は国籍を示す船尾旗すら掲げていませんでした。レーダー照射された自衛隊の哨戒機が撮影した映像には、韓国艦2隻の位置とその間に北朝鮮と思われる漁船1隻と救難艇の搭載艇(推定)2隻が確認されています。レーダー照射までした「その時」、韓国艦船は何をしていたのでしょうか。西岡力教授はソウルに飛び、この事件の徹底取材を試みました。

≪櫻井よしこの対談後記≫
 2時間の韓国特集特別番組は、朝鮮問題の第一人者西岡力さんと、前防衛大臣の小野寺五典さんの積極的な情報発信で、とりわけ内容の濃いものになりました。
 驚くべきことが隣国で進行中で、驚くべき考え方を持っている韓国政府が次々に事件を起こし続けています。国際関係はどの国とでも容易なことではありませんが、この隣国ほどやっかいな国はないとつくづく思います。国際社会の常識から考えて、到底あり得ない嘘や言い訳が堂々と展開されます。それだけではなく、韓国は日本やアメリカとの友好関係よりも北朝鮮との関係を優先していることが明らかです。
 日韓関係はこれまでどおりにはいきません。米韓関係も既に変質していると考えるのが正しいかと思います。日本にとって容易ならざる事態が現実となっているのです。早くこのことに気がついて、わが国の態勢を整えていかなければならない、そのように思いました。

≪対談で語られた論点≫
第一部:その時、韓国艦は何をしていたのか
 1.日韓映像から分析する“漁船”の正体
 2.照射電波情報は同時交換なら照合できる
 3.火器管制レーダー照射は誰が決めるのか
 4.西岡力の緊急ソウル取材報告
 5.北朝鮮の要請で韓国軍が救助に動いた?
 6.金正恩暗殺未遂事件とレーダー照射事件
 7.妹の金与正が金正恩暗殺犯を取り調べた
 8.韓国軍はもはや変質している
第二部:“徴用工”訴訟でびた一文払わない
 1.大法院は文大統領が選んだ左翼判事だらけ
 2.ウリ法研の極左判事を大法院長に大抜擢
 3.“徴用工”訴訟を支える「ヘマル」の弁護士
 4.極左文政権なら日韓関係は修正する時だ!
 5.韓国には「丁寧な無視」と「冷静な抗議」

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

小野寺五典
前防衛大臣

1960年宮城県生まれ。東京水産大学卒、松下政経塾、東京大学大学院法学政治学研究科修了。1997年衆議院宮城6区補欠選挙で初当選。2000年米国ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究所客員研究員。2007年外務副大臣(第1次安倍改造内閣)、2012年防衛大臣(第2次安倍内閣)を歴任。2017年再び防衛大臣(第3次安倍第3次改造内閣) に就任。

西岡力
麗澤大学客員教授

1956年東京都生まれ。1979年国際基督教大学卒、筑波大学大学院修士課程修了、韓国・延世大学校に留学。2000年 東京基督教大学教授、2016年 麗澤大学客員教授。現代コリア研究所の発行誌『現代コリア』の編集長。1998年「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」の設立に関与し、現在「救う会」の会長を務める。国家基本問題研究所に評議員・企画委員。著書に『北朝鮮に取り込まれる韓国』(PHP研究所)、 『日韓「歴史問題」の真実』(PHP研究所)、 『韓国分裂―親北左派vs韓米日同盟派の戦い』(扶桑社)、 『北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる』(PHP研究所)、『南・北朝鮮、同時崩壊か?』(東京財団)、『よくわかる慰安婦問題』(草思社)『金賢姫からの手紙』(草思社) など多数。

※ プロフィールは放送日2019.01.18時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。