過去の放送

Vol.342 会員限定

これが真実!萩生田氏の消費税増税発言

日朝首脳会談「条件をつけず」解釈の仕方

2019.05.10 63分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 総理の最側近、萩生田光一さんは話さないようでいて、かなり話しました。非常に興味深かったのは、消費増税延期の件についての説明でした。虎ノ門ニュースをしっかり見てくれた人は、少しも騒がなかったのですが、後で大手メディアが発言の一部を取り上げて、大ニュースに仕上げてしまいました。萩生田さんは虎ノ門ニュースの直後に、誤解のないようにきちんと大手メディアに説明をするつもりだったそうです。でも大手メディアの方がその機会を受け入れず、丸一日、萩生田さんへの取材を延期したそうです。その間にテレビ、その他が萩生田さんの発言を一部のみ取り上げ、総理の側近で自民党幹事長代行の影響力ある政治家がこんなことを言ったと報道してニュースを作り上げてしまったというのが実態だったそうです。テレビのワイドショーや大手メディアだけ見ていては、結局ダメだってことですね。どうぞ1時間の会話をお楽しみ下さい。

≪対談で語られた論点≫
 1.米 対中25%関税を発動の着地点
 2.消費増税で小さな数字の変化に注意を払う
 3.ネット発言が大メディアの面子を傷つけた
 4.ネットを見た人は騒がず大メディアが騒ぐ
 5.日朝首脳会談「条件をつけず」の解釈の仕方
 6.トランプは拉致を如何に金正恩に伝えたか
 7.なぜ突然パリを訪問したのか
 8.今、北朝鮮が弾道ミサイルを発射する理由
 9.支持率が半減した文在寅政権は袋小路
10.プーチンに北方領土を解決する力はあるか
11.取材もせずにしゃべるTVコメンテーター

萩生田光一
自民党幹事長代行

1963年東京都生まれ。明治大学卒業。大学在学中より政治の世界に入り、27歳で八王子市議会議員に当選、37歳で東京都議会議員に当選した。40歳で衆議院議員初当選、自民党青年局長や文部科学大臣政務官、官邸と自民党をつなぐパイプ役である自民党筆頭副幹事長兼党総裁特別補佐、内閣官房副長官を歴任。現在は自民党幹事長代行。

※ プロフィールは放送日2019.05.10時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。