過去の放送

Vol.61 一般公開

「軍の中でも陸軍ではなく、空、海出身者が強硬発言をする」
中国軍部の要求に引き摺られる習近平指導部

2013.12.20 62分

 中国共産党幹部の汚職、各地で勃発する暴動、最悪レベルの大気汚染、経済成長の鈍化、少数民族問題など中国国内には問題が山積されています。こうした問題が改善されず国民の不満は爆発寸前と言われ、政府への直接行動も激しくなるばかりです。11月には国際的なルールを全く無視し、尖閣諸島の上空を含んだ空域に「防空識別圏」を設定する暴挙に出ました。この強硬策は軍の要求に習近平指導部が屈した結果と言われています。なぜ習近平指導部は軍部強硬派を止められないのでしょうか、軍と政府はどんな関係になっているのでしょうか、軍内部の力関係はこれまでと同じなのでしょうか?中国取材から戻ったばかりのジャーナリスト富坂聰氏の軍事、経済、社会にわたる最新情報を櫻井キャスターが富坂氏と共にどのように分析するかをお伝えするのが今回の対談の企画趣旨です。

 この対談では防空識別圏の設定などで中国が大戦略を持っているのか、いないのかについてお二人の意見が分かれました。富坂氏は「中国が戦略を持っているから怖いのか、戦略がないから怖いのか。どちらなのかを見極めることが重要だ」と述べ、「大戦略のための一歩なのか、突発的に出てきたのか、日本は信号の受け取り方次第で対処しなければならない」と指摘しました。これに対し櫻井キャスターは「過大評価かもしれないが、中国には大戦略があると思う。日本はその前提に立って対処すべきだ。日本は中国の大戦略に唯々諾々と従わない、他国を侵略してはいけないというメッセージを発信すべきだ」と主張しました。

≪動画インデックス≫
1.防空識別圏の設定は、軍が主張し習近平が追認した
2.防空識別圏は、従来の二国間重視外交と異なり、緻密に計算されていない
3.軍部のなかでも陸軍ではなく、空、海出身者が強硬発言
4.中国首脳部にも理性が働き“揺り戻すグループ”が存在する
5.中国が目指すのは米国を追い越すことで、その前段階の大戦略がある
6.大戦略の一歩なのか、突発的な行動なのか見極める必要がある
7.目玉戦略のない李克強首相のリコノミクスは成果があがらない
8.共産党幹部が恐れる「王岐山の改革」とは何か?
9.「仇富仇官」と「人肉検索」の怖さ
10.中国共産党幹部の懐に入る裏金はなんと毎年80兆円!
11.中国共産党は“寝たきり”の厳しい状態
12.日本が戦わず勝利する目的のために血を流す覚悟が必要だ!

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

富坂 聰
ジャーナリスト

1964年愛知県生まれ。北京大学中文系中退。「週刊ポスト」「週刊文春」記者を経てフリーライター。1994年『龍の伝人たち』で21世紀国際ノンフィクション大賞優秀賞を受賞した。現在、様々な雑誌メディアへの執筆、テレビコメンテーターなどで活躍中。著書に『中国の地下経済』『中国マネーの正体』『習近平と中国の終焉』『間違いだらけの対中国戦略』など多数。

※ プロフィールは放送日2013.12.20時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

書き下ろしのメルマガを配信元気になるメルマガ

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!