過去の放送

Vol.452 会員限定

LGBT法案で自民党が自壊しないか

G7が追い風!オリ・パラ成功に突き進め

2021.06.18 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今週の言論テレビはベテラン政治記者の対談でした。おなじみの石橋文登さんと有元隆志さんです。
 なぜ稲田朋美元防衛大臣はLGBT問題であのように熱心に動いたのでしょうか。自民党を分裂させるような熱心さで最後の最後までLGBT法案にこだわった背景に何があったのでしょうか。信じがたいことですが、マルクス・レーニン主義から発生した左翼のNGOの人たちの影響を受けていたと思われます。
 今夜の話題はこのケースに見られるような、自民党の左傾化を取り上げました。また東京五輪に対しての野党やメディアの無責任な意見にも批判を加えました。
 東京都議会議員選挙が間もなくやってきます。公明党がかなり敗北するという見立てがあります。小池さんの都民ファーストも敗北する可能性があります。自民党は勢力を大幅に伸ばし、第一党になるのは間違いありません。立憲や共産党も議席を伸ばしそうです。それが国政総選挙にどう反映されるのか。
 総理の座を退いた安倍晋三さんですが、まだまだ非常に強い影響力を持っていることも分かりました。二階俊博幹事長が突然「開かれたインド太平洋」などと言い始めたのも、安倍晋三さんの意を迎えたいからです。

≪対談で語られた論点≫
 1.「性同一性」と「性自認」の違い
 2.「性自認」は検証する方法がない
 3.自民法案は理解増進法でなく基本法
 4.保守アイドル稲田朋美はなぜ左変貌
 5.G7が追い風、五輪成功に突き進め!
 6.公明党の反対で対中非難決議は見送り
 7.対中非難決議で林代理「興味ねぇんだよ」
 8.自公は世間の空気を感じられなくなった
 9.都議選で公明党まさかの敗北見立て
10.立民・共産は都議選で票を伸ばす?
11.立民、共産、朝日は五輪潰しのしっぺ返し
12.二階氏はなぜ印太平洋議連を立ち上げたか
13.二階氏は安倍氏すり寄り、次も幹事長狙い
14.引退表明の山尾志桜里議員に一言

石橋文登
政治ジャーナリスト・千葉工業大学特別教授

1966年福岡県生まれ。90年、京都大学農学部を卒業後、産経新聞社に入社。奈良支局、京都総局、大阪社会部を経て2002年に政治部に異動。政治部次長を経て、編集局次長兼政治部長などを歴任。2019年4月、同社を退社。6月から千葉工業大学審議役、2020年7月から特別教授。著書に「安倍『一強』の秘密」(飛鳥新社)、「国会議員に読ませたい敗戦秘話」(産経新聞出版、共著)、「『脱原発』が地方を滅ぼす」(産経新聞出版、共著)など多数。

有元隆志
産経新聞月刊「正論」発行人兼調査室長

1965年神奈川県生まれ。学習院大学法学部卒業、1989年産経新聞社入社。ワシントン特派員、政治部次長、編集局副編集長、政治部長を歴任。現在、フジサンケイグループの理論的支柱である月刊誌『正論』の発行人兼調査室長を務める。主な著書に「歴史戦」「日本共産党研究」(産経新聞出版、共著)など。

※ プロフィールは放送日2021.06.18時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 言語道断

    言語道断

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。