過去の放送

Vol.453 会員限定

家族を壊す「実子誘拐ビジネス」の闇 

左翼弁護士と裁判官が企てる黒いカラクリ

2021.06.25 64分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今日のテーマはとても重く、そして考えれば考える程怖いものです。
 いま、日本の家族の在り方を根底から変えようとする左翼勢力の人々が暗躍しています。その事例の一つがLGBT法案です。
 もうひとつがハーグ条約違反のこどもの連れ去りです。離婚において子どもを片親(とりわけ母親)が連れ去り父親と会わせないようにする制度です。
 多くの場合、左翼弁護士が夫婦の間に入って離婚を成立させ、子どもの親権を母親に与え、父親とは会わせないようにします。左翼弁護士はそうすることによって日本の家庭を壊すことを第一の目的にし、同時に1割から3割の手数料をとって自らの収入源としています。複雑な話なのですが、よく読んで下されば彼らの黒いカラクリが分かります。
 いま私たちがこのことに気が付いて制度を変えていかなければ、日本の良き社会の基本が崩れてしまいます。

≪対談で語られた論点≫
 1.子供連れ去り事件は年間15~16万件か
 2.左翼弁護士・裁判官の企てる黒いカラクリ
 3.松戸判決で「フレンドリーペアレントルール」
 4.離婚訴訟なのに左翼弁護士31人大弁護団
 5.左翼は憲法9条と24条は変えさせないと固執
 6.誰が言わせた?8歳の娘「月100万で5分会う」
 7.家裁の調査官の天下り先はどこ?
 8.「実子連れ去り」事件で左翼弁護士が金儲け
 9.公明が「子供のためのハーグ条約」を骨抜き
10.左派が稲田朋美議員などに養育費問題で接近
11.思想を乗り越えて共感するのは危険だ!
12.稲田議員に赤石千衣子氏を接近させたのは誰?

田北真樹子
産経新聞月刊「正論」編集長

1970年大分県生まれ。米国シアトル大学コミュニケーション学部でジャーナリズムを専攻し、96年産経新聞入社。整理部記者、前橋支局、外信部を経て、2000年から政治部。森喜朗首相の総理番を振り出しに、首相官邸、自民党、外務省を担当、09年にニューデリー支局長に就任。13年以降は、「歴史戦」取材班などで慰安婦問題などを取材してきた。15年に政治部に戻り首相官邸キャップを経て、現在は産経新聞正論編集長。

上野晃
弁護士

1972年大阪府枚方市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、司法試験合格、07年弁護士登録。現在、弁護士法人日本橋さくら法律事務所代表弁護士。那須塩原市子どもの権利委員会委員。松戸判決(百日面会交流訴訟判決)代理人としてフレンドリーペアレントルールを提案。共著に「離婚と面会交流」等。

※ プロフィールは放送日2021.06.25時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 言語道断

    言語道断

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。