過去の放送

Vol.500 会員限定

[言論テレビ500回]安倍元総理特別出演

国防費2%増は「国家意思」として掲げよ!

2022.05.20 64分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 言論テレビ500回目のゲストは安倍晋三元総理でした。安倍総理は非常にお元気そうに1時間、闊達に語られました。
 日本の国防費をGDP比2%増にする、2%という数字目標を国家の意思として掲げるべきだと強調しました。
それはNATO諸国を見ても分かるように、自国の防衛及び自由陣営の一員としての責任を果たしていくという決意表明です。
 日本の現在の国防力について安倍総理は率直に語りました。「日本には継戦能力がありません」と。銃弾も燃料も足りない中で、外敵と戦い続けるなどおよそ不可能です。
現職総理だったときはとても語れなかったけれども、今あえて語り、国民に知ってもらうことが大事だと強調しました。
 積み上げ方式で防衛を語る人はおよそ防衛を分かっていないとも言うのです。
 経済政策でも忌憚のない議論を展開しました。世界大激変のまっただ中で、1日も早く日本を強力な土台を持つ国にしなければならない。安倍総理の発言に耳を傾けたいものです。
≪対談で語られた論点≫
 1.まず「デフレ脱却」そのための「経済成長」
 2.順番を間違えなければ「健全な経済規律」が戻る
 3.統合政府的に日銀は政府と協力しながら対応する
 4.物価上昇率2%を目標に政府と日銀はアコード
 5.国防費5年で2%増は「国家意思」で掲げるべきだ
 6.機関銃の弾からSM3至るまで不十分で「日本に継戦能力がない」
 7.次の世代に祖国を引き渡す防衛予算は「国債」を利用
 8.岸田首相は国防費2%は「数値目標」でなく「積み上げ」
 9.米国が核反撃を日本に相談すれば共同責任をとるかどうかの相談
10.日本のために使う米国核を「持ち込ませず」は唖然茫然
11.欧州正面の米国は日本にアジアの防衛責任を促すかも

安倍晋三
元内閣総理大臣

1954年、東京生まれ。成蹊大学法学部政治学科卒業後、(株)神戸製鋼所を経て、1993年、衆議院議員初当選を果たす。現在、当選9回。自由民主党幹事長、内閣官房長官などを歴任。2006年、第90代内閣総理大臣に就任し、2007年に辞任したが、2012年から第96、97、98代の内閣総理大臣に就任。

※ プロフィールは放送日2022.05.20時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』