過去の放送

Vol.513 会員限定

【特別対談】櫻井よしこ&萩生田光一

「安倍元総理の遺志を継ぐ限り支える」

2022.08.19 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今夜は自民党政調会長の萩生田光一さんに石橋文登さん、有元隆志さんとともにお話を伺いました。
 いま、どのテレビ局を見ても、どの新聞雑誌を見ても、統一教会問題がおどろおどろしく報道されています。
安倍元総理を暗殺した犯人は、統一教会に恨みをもっている。そこから安倍元総理と統一教会に後ろめたい関係があるかのようにメディアは報じてきました。
 いつの間にか一番の被害者である安倍総理の事はほとんど横に置いて統一教会問題を追及するのがメディアです。
 しかもその統一教会の問題を萩生田光一さんに結びつけて不条理な萩生田バッシングが過熱しています。
 週刊新潮の萩生田非難の報道を一つ一つ萩生田さんに確かめました。みんな事実無根でした。
 こんなひどいねつ造報道があるのかと憤慨します。
 萩生田さんには政調会長としてのお考えも聞きました。ちなみに、番組には、いろんな書き込みが来るのですけれども、ほとんどが「萩生田、頑張れ」という声でした。
そのことに救われる想いでした。
≪対談で語られた論点≫
 1.櫻井キャスターによる旧統一教会関連の質問
 2.国会は創価学会と公明党も含め「政治と宗教」特別委を開け
 3.「反社」ならば辻本清美と関西生コンをなぜ調べない
 4.旧統一教会が動かせるは7万~8万票に過ぎない
 5.統一教会としての刑事摘発は2010年7月までで終わる
 6.台湾有事論議に左メディアと野党は腰が引けている
 7.萩生田政調会長の喫緊の課題は「国民を守る国防の大切さ」
 8. 台湾有事への政策①安全保障②経済安保③食糧安保
 9.国家戦略としての人材育成、例えばデジタル、医療人材
10.萩生田経済政策はアベノミクスの継承
11.台湾有事の備え「日台の交渉レベル」を上げる
12.経産大臣としてエネルギー安保のための「原発再稼働」をやり残した
13.アベイズムをつなぐために仲間で安倍派を支える
14.安倍元総理は首脳会談で必ず「拉致」を話した

萩生田光一

萩生田光一
自民党政調会長

1963年東京都生まれ。明治大学卒業。大学在学中より政治の世界に入り、27歳で八王子市議会議員に当選、37歳で東京都議会議員に当選した。40歳で衆議院議員初当選、自民党青年局長や文部科学大臣政務官、官邸と自民党をつなぐパイプ役である自民党筆頭副幹事長兼党総裁特別補佐、内閣官房副長官、自民党幹事長代行、文部科学大臣、経済産業大臣を歴任。現在は自民党政調会長。

石橋文登

石橋文登
政治ジャーナリスト・千葉工業大学特別教授

1966年福岡県生まれ。90年、京都大学農学部を卒業後、産経新聞社に入社。奈良支局、京都総局、大阪社会部を経て2002年に政治部に異動。政治部次長を経て、編集局次長兼政治部長などを歴任。2019年4月、同社を退社。6月から千葉工業大学審議役、2020年7月から特別教授。著書に「安倍『一強』の秘密」(飛鳥新社)、「国会議員に読ませたい敗戦秘話」(産経新聞出版、共著)、「『脱原発』が地方を滅ぼす」(産経新聞出版、共著)など多数。

有元隆志

有元隆志
産経新聞月刊「正論」発行人兼調査室長

1965年神奈川県生まれ。学習院大学法学部卒業、1989年産経新聞社入社。ワシントン特派員、政治部次長、編集局副編集長、政治部長を歴任。現在、フジサンケイグループの理論的支柱である月刊誌『正論』の発行人兼調査室長を務める。主な著書に「歴史戦」「日本共産党研究」(産経新聞出版、共著)など。

※ プロフィールは放送日2022.08.19時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』